ちょっと曲がった家

変形地×設計事務所で、思い通りの家を建てました!

壁をめぐる攻防

間取りの段階で、設計士 Kさんと私の好みの差を感じたのが開口部と壁の割合でした。

開放的な家が得意な設計士

Kさんの作風は、南向きが全面ガラスの開放的なお家が多いのです。。。
(どんな土地でも南側全面ガラスという訳ではないのですが…とにかく日差しを最大限利用したい建築家なのです)

大開口の家OBさんのお宅

しかし、うちは以下のような理由から開口部は最小限にしたいと伝えました。

  • リビングはゴロゴロしたいので、丸見えなのは落ち着かない
  • サッシを多用するとコストが上がる。
  • 規格外のサッシを使うと、カーテン代も高額になる。
  • 断熱性、耐震性も壁の方が高い。

交渉した結果…

頑張って壁を増やすように交渉したのですが、せっかくの南向きを壁で遮ってしまうのは勿体ないという意見から最大限譲歩した妥協点がこちら。。。

1階窓配置図1F

リビングの半間と玄関収納の半間だけでした(^^;
筋違も入れるから耐震上問題なしという事ですが、今見ても壁少ないですね(汗)

一応説明しときますと、リビングの西の窓は地窓にし、キッチンと洗面所はハイサイドライトなので、通常の腰高窓よりは視線は気になりません。

2階窓配置図2F

2Fは昨日図面見て気が付いて、今更なんですがピンクの窓だけサイズダウンできないかお願いしています。。。

それにしても家中窓だらけの我が家、外出前に家族総出で窓を閉めてまわることになりそうです(汗)

減額調整の時に、窓⇒壁にしてもらおうかな。
嫌がられそうだけど…

戦いの続き>>>やっぱり窓が大きすぎる?

実際の家は「完成報告兼web内覧会」をご覧ください。

建てる前はこんな心配をしていますが、実際のところ開け閉めが面倒だと開ける事すらしなくなりましたww