ちょっと曲がった家

変形地×設計事務所で、思い通りの家を建てました!

うちの庭に欠けているモノ

庭の問題について、これまで「奥行きが欲しい!」「奥行きだけじゃなかった問題」で書いてきました。

今回は植栽の奥行き以外で、新たに発見した問題について取り上げました。。。

欠けていたのは胸ゾーン

冬枯れの庭の画像

2月現在の庭です。
葉っぱが落ちて寂しいので、お絵描きしましょう(^^;

葉っぱを書き足した庭の画像

今年の夏の予想図になりましたww

植栽で高さのバランスを書いた画像

囲んでいる〇は、黄緑は葉っぱが茂ってるゾーン、オレンジはぽっかり空いているゾーンを指しています。

うちの植栽は、木と低めの下草ばかり…ちょうど胸あたりの高さに葉っぱが無いんです。

あぁ、だからカッコよくなかったのか(;^ω^)

植栽のバランスについて

空いているゾーンに届く高さの植物を植えれば、もう少しバランスの取れた植栽になるんじゃないか…と思いました。

植栽の位置を検討する画像・中央

植栽の位置を検討する画像・右

植栽の位置を検討する画像・左

左右の位置は、右側に茂らせる方が良いように思います。

植栽の左右バランスを検討する画像・同じ

植栽の左右バランスを検討する画像・右高左低

植栽の左右バランスを検討する画像・右低左高

二つ植える場合、左右のバランスは差をつけるのがお約束

うちの庭は右側が開けているせいか、左が高くて右が低い方がしっくりくるような気がします。

植栽の左右バランスを検討する画像・右高左低明

色味を変えると、また雰囲気が変わりますね。

これが一番いいかな?と思ったのですが、どうでしょう?

今年の庭づくりは、植栽の充実を目標にしていこうと思います(*'ω'*)

その後の庭について

シンボルツリーのエゴノキの植栽の変化の過程は、以下の記事をご覧ください。

関連記事>>>エゴノキの植栽をチェンジ

関連記事>>>枯れていたエゴノキ

更地から出発した庭づくりの進行状況は「庭づくり記録:定点観測のまとめ」でまとめてご覧いただけます^^