ちょっと曲がった家

家づくりとその後の庭づくりや日常生活の記録

新居の1年分の光熱費を比較

引っ越しから1年が経過して、やっとデータが揃ったので光熱費の比較をしてみました。

旧居と新居のスペック

旧居

築40年の古い社宅で、水回りの設備は古く、窓もシングルガラスのアルミサッシで断熱性・気密性もイマイチ。。。

  • 設備:ガスコンロ、電気温水器(キッチン)、お風呂の湯沸かし(ガス)
  • 照明:蛍光灯メイン
  • 冷暖房:エアコンとこたつ
新居

普通の断熱性・気密性の一般住宅、窓はペアガラス(一部だけLow-e採用)の複合サッシです(^^;

どんな家かはこちら

  • 設備:ガスコンロ、ガス湯沸かし器(エコジョーズ)でキッチン・洗面・お風呂に使用
  • 照明:LEDメイン
  • 冷暖房:蓄熱暖房機(暖房のみ)とエアコンとこたつ

ガスは新居・旧居共に都市ガスです。

旧居と新居の光熱費を比較

去年の1月はまだ新居に慣れていなかったので、今年(2017年)分を1月のデータにしています( ̄▽ ̄)

新居の光熱費比較表の画像

改めて思うのは「蓄熱暖房って電気代高い~!!」という事(^^;

新居の光熱費の底値(10月)の電気代約2700円を必要最低限の電気代とすると、やはり暖房代で1万円アップしてる事になります。。。

まぁ、1年の内の3か月くらいだから許せる範囲なんですが。
これだけ高いと分かっても、蓄熱暖房のポカポカになる暖かさはやめられません(*'ω'*)

ガス代はダウン

もう一つこのグラフで分かったのが、ガス代が逆に安くなってること。
料理の頻度は変わってないので、湯沸かし器(エコジョーズ)の性能が段違いに良くなった事が原因だと思います。

あと、ユニットバスの断熱浴槽にしてお湯が冷めにくくなったのも大きいです。
旧居のお風呂(総タイル張り北向きのお風呂)は、入っている時にもお湯がみるみる冷めていくのが分かるほどで、常に追い炊き必須でした(^^;

年間では5000円アップ

1年間の光熱費の合計を比較すると、5300円のアップになりました。
冬場の蓄熱暖房代を他の季節のガス代でせっせと補填してるという感じでしょうか。。。

ようやく蓄熱暖房の扱いに慣れてきたので、マメに蓄熱量をコントロールすればもう少し冬場の電気代も抑えられるんじゃないかな?と思ってます。

光熱費を抑える努力は続けてます

勝手口の窓をプチプチで断熱してみた

猛暑対策:遮光ネットで日よけしてみた