ちょっと曲がった家

妻主体で始めた建築家との家づくり(2015年完成)と、その後の庭づくりや日常生活を記録したブログです。

住んでいるのは、築40年の社宅

今住んでいる(2014年現在)のは築40年になる夫の会社の社宅です。。。

結婚を機に入居して、もう10年目になります。
出産前までフルタイムで働いていたので、会社までの通勤(1人に車1台が当たり前の田舎なのに自転車通勤ができる)しやすさと家賃の安さから迷わず社宅を選びました。

住み心地が良かった社宅

社宅特有ですが、入居世帯のご主人が全員同じ会社に勤務してるので、非常に安心感がありました^^

やはり入居者全員の生活レベルがある程度一定なことと、迷惑行為をする人がいないというのは、すごく住み心地を左右すると思います。

よく社宅というとプライバシーがないとか、上下関係に気を遣う…などのマイナスイメージもありますが、私が住んでいた社宅は比較的若い世帯が多く、あまり付き合いを強要することも無かったので、とてもオープンでいい雰囲気でした。

古い社宅の間取り

丁度、団塊の世代が若い時期に建てられたと思われる社宅。
いかにも昭和の団地って感じの3Kです(^^;

好景気の時代に建てられたせいか、今の賃貸物件とは比較にならないほどしっかりした鉄筋コンクリートの建物で、部屋数や広さにもゆとりが感じられます。。。

築40年の団地

南側が開けた5階建て団地の4階の部屋なので日当りと風通しが良く、水回りが古い以外は問題のない住み心地良好な家でした。

社宅の間取りがあまりにも住みやすかったので、新居の間取りも社宅を参考に考えたくらいですww

toniho.hatenablog.jp