ちょっと曲がった家

おもに家と庭についてのブログです。。。

家づくり:洗濯物干しの正解とは

新築のお家を見ると、つい気になってしまうのが「どこに洗濯物や布団を干しているか?」です(^^;

よく考えてるな~と感心するお家もありますが、道路から洗濯物が丸見えで「洗濯物までは、気が回らなかったんかな…」というお家もあったりします。。。

洗濯物干しはどこが正解か

思いつく範囲であげると、洗濯物を干す場所は以下の3つに分けられます。

  • 上の階(ベランダ・バルコニー)
  • 地上(家の周囲)
  • 室内(浴室・洗面所・廊下・専用スペースなど)

ひとつずつ検証していきますね(*'ω'*)

上の階(ベランダ・バルコニー)

これまでの2階建て住宅では、洗濯物を外に干す場所といえば2階のベランダやバルコニーが一般的でした。

風通し・陽当りも十分で、省スペースにもなります。

庇があれば、多少の雨でも大丈夫( `ー´)ノ

しかし昨今の家づくりでは、ベランダそのものが不要と考える施主も増えてきました。

地上(家の周囲)

平屋やベランダを作らなかったお家で、外干しするパターンでしょうか。

目隠し塀などで洗濯物を完全に隠しているお家もありますが、案外多いのが庭のウッドデッキやカーポートに干しているお家。

見えていないようでも、洗濯物が目につくんですよね(;^ω^)

特にカーポートは、物干しざおが高い位置にあるので、車越しでも洗濯物が目立ちます。。。

あと庭の掃き出し窓の前に、物干しざおを設置しているお家。(義実家がコレ)

玄関アプローチから丸見えの位置なので、ときどき目のやり場に困ります(;'∀')

室内(浴室・洗面所・廊下・専用スペースなど)

最近主流になりつつあるのが、室内干し派です。

花粉症や家事の都合で、室内に洗濯物を干したい人が多くなってきたように思います。

室内干しで気をつけたいのは、洗濯物が乾きにくい季節の対策

新建材の合板フローリングやビニールクロスは、もともと調湿の効果がないので、湿度が高いと洗濯物が乾かず、室内もさらにじめじめしてしまいます。

干す場所は、あまり日常生活に支障がないところを選ぶなど、いろんな角度からシミュレーションしてみることをおすすめします(*'ω'*)

我が家の洗濯物干しスペース

そういう我が家はどうしてるかというと、2階に洗濯物干し専用スペースを作りました。

専用スペースといっても、ベランダへの出入り口にできた3畳くらいの小さなスペースです(;^ω^)

f:id:toniho:20210226121858j:plain

あまりキレイな図じゃないので、わざと画像をぼかしましたww

f:id:toniho:20210226121828p:plain

矢印のように、東側の縦すべり出し窓から風が入り、寝室の窓から抜けてくれます。

晴れて暖かい日は掃き出し窓も開けると、さらに風通しが良くなります。

洗濯物が気にならない

家事室を作って良かったのは、洗濯物の存在が気にならないこと(*'ω'*)

室内で干していると、洗濯物をうっとうしく感じたり(特に梅雨)、洗濯物が邪魔になったりしがちですが、家事室のおかげで解消されていると思います。

ベランダで外干し

すっかり室内干し派になってますが、分厚いジーンズやバスタオルも、カラッと乾かしたいので、季節を選んで外干しもしています。

モッコウバラのシュートとベランダの洗濯物

道路から見上げると、ベランダではためく洗濯物が見えますww

見られても良い洗濯物しか干してないので、ご安心ください(;^ω^)

見落としがちな洗濯物干し場

毎日している家事なのに、家づくりでは後回しにされがちな洗濯物干し問題

設計者や施主に家事にうとい男性が多いせいなのか、キッチン選びと違って、物干しは力が入らないせいなのかは分かりませんが、大切なことなのに見落とされているように思います。

新居での洗濯物干しについて、1回でも考えておいて損はありません。

洗濯物のせいで新居が不便にならないように、間取りの段階から干す場所はしっかり検討してみてくださいね(*'ω'*)

関連記事>>>ベランダに洗濯物干したらダメなの?