ちょっと曲がった家

変形地×設計事務所で、思い通りの家を建てました!

キッチン背面収納は造作に決定

昨日の定例会で、キッチンの背面収納は造作することに決めました( ̄▽ ̄)

造作の背面収納のメリット

造作にするメリットは、なんといっても自分の希望が最大限かなえられること^^

もちろん予算との兼ね合いもありますが、私のような既製品に物足りなさを感じる施主には造作が合ってるように思います。

我が家のキッチン背面収納は、私がエクセルで描いた図面を元に作ってもらう事になりました(*'ω'*)

造作のキッチン背面収納の設計図

背面収納の条件

私が考える背面収納に必要な条件は4つ。

  1. 家電とゴミ箱がすっきり収まること
  2. キッチン用品と食品のストックが1か所に纏められること
  3. 取りたいモノがすぐ手に届く適切な配置
  4. 食器棚も兼ねること

詳細については、こちらをどうぞ↓

toniho.hatenablog.jp

背面収納の仕様

キッチンの壁に合わせてサイズを決め、背面収納に入れたいものや置きたい家電に合わせて考えました。

背面収納のサイズ

背面収納のサイズは幅3m、カウンターの高さ85cm・奥行き55cmにしました。

  • 横幅は壁の幅から冷蔵庫を置くスペースを引いた寸法
  • カウンターは、身長156cmの私が使いやすい高さ
  • 奥行きはオーブンレンジがきちんと納まる寸法、かつ冷蔵庫より少し浅め
  • キッチンに高窓がつくのでその下から、手が届きやすい高さで吊戸棚をつける

…という風に決めました。

カウンターの奥行きを「冷蔵庫より少し浅め」にしたのは、冷蔵庫の扉に干渉しないためです。

家づくり本などで、冷蔵庫の面とぴっちり合わせた背面収納を見かけますが、冷蔵庫の扉が当たってしまう可能性があるので、気をつけた方が良いと思います(^^;

ゴミ箱収納スペース

カウンター下の収納の検討でまず決めたのが、ゴミ箱置き場にする空きスペースの場所でした。

調理中、振り返ってすぐの場所にゴミ箱を置きたかったから(^^;

よく既製品はゴミ箱置き場がないという事を聞いたので、造作するならゴミ箱も組み込もう!と考えました。。。

吊戸棚

吊戸棚のサイズは、横幅2.4m・高さ42cm・奥行き30cm

吊戸棚は奥行きを浅くして、圧迫感をなくしました。

扉は引き戸にして、一目ぼれした気泡入りガラスを採用しました♪

気泡入りガラスは、ウィスマーク社の「シーディクリア」という製品です^^

ウィスマーク社の「シーディクリア」の気泡ガラス

ラムネを思わせる涼やかな気泡、とっても気に入ってます♪

このガラスを見つけたのは、設計士さんに教えてもらった『型板ドットコム』という板ガラス専門のショップのサイトです。

素敵なデザインガラスがいっぱいあるので、よかったらご覧ください^^

www.kataita.com

引出し

引出しは、スライドレール式で4段です。

  • カトラリーを入れる1段目は、10cmの浅型
  • 茶碗や小皿などを入れる2,3段目は、15~20cm程度
  • 大型の食器を入れる4段目は、30cmの深型

本当はもう一列引出しが欲しかったんですが、予算的に削られました(^^;

開き戸

米びつなど、引出しには入れられない大型のものを収納

オープンの可動棚

はじめは引出しにするつもりでしたが、大工さんの手間が減らせるオープンの可動棚(扉なし)に変更しました。

オープンにした結果、食器以外にも様々なモノ(お弁当グッズ・ホットプレートに、ゴミ袋や大工道具まで)を収納しています♪

コンセントの位置

もちろんコンセントもしっかり指定(^^)v

左右の両端に3口コンセントをカウンター上に1個ずつ

カウンター下のゴミ箱置きスペースの壁にも3口を1個配置してもらい、上のコンセントが引き込めるように穴を開けてもらいました^^
(下にコードを引き込むことで、カウンター上に家電のコードが溜まらないように工夫しました)

おまけの飾り棚

吊戸棚の幅が余るので、左隅を奥行き15cm程度の小さな飾り棚にしてもらいました。

この飾り棚は、現在神棚代わりになっています↓

toniho.hatenablog.jp

設計時はあまり深く考えなかったのですが、この飾り棚の下にポットや炊飯器を置いたら、上手い具合に家電の水蒸気を逃す役割をしてくれました(^^)v

偶然とはいえ、ここは本当に良かったです^^

詳しい内容はこちらでご覧ください↓

toniho.hatenablog.jp

完成した背面収納はこちら↓

toniho.hatenablog.jp

4年目の背面収納はこちら↓

toniho.hatenablog.jp