ちょっと曲がった家

変形地×設計事務所で、思い通りの家を建てました!

板塀と一体化した造作の木製物置

もともと外構工事で物置は作る予定ではなかったのですが、水道メーターがきっかけで作ることになりました。。。

板塀に干渉する水道メーター

我が家の庭は道路に面しているので、通行人からの視線を遮るため板塀で庭を囲むことにしたのですが、水道メーターの位置が悪くて干渉するのです。

板塀を一部だけ切るか凹ませるなどして、水道メーターを道路側から点検できるように工夫する必要があります。
(毎月点検のたびに庭の中まで入ってきてもらうのも悪いですし、やっぱりメーター類は業者の方が見やすい場所にある方がいいですよね)

敷地の図面
上の図の左上にある〇で囲んだ場所に水道メーターがあります。

Kさんもここの処理は悩み中との事で、棚上げしたまま工事着工(^^;

この部分をどうしようか…と考えていたある日、水道メーターの上の空いているスペースを物置にしては?というアイディアが閃きました。。。

板塀と物置を一体化

下の画像は、アイディアを実際にKさんに提案書として送ったものです。

木製の造作物置のイメージ図

毎度拙いエクセルの図ですみません(^^;

物置のイメージは、簡素な板張り…ちょうど学校の百葉箱みたいな感じです。
板塀の支柱に板を張るだけなので、そんなに手間もかからないハズ。。。

着工前にかなり考え抜いたつもりだったけど、工事が進むと着眼点が変わってきて細かい要望がポロポロ出てくるもんですね。。。
要望を出すたびに差額の見積をさせられる現場監督には大変申し訳ないですが…(^^;

出来上がった造作物置

出来上がった物置はこんな感じになりました^^

私のイメージ図では、水道メーターの上だけに扉付き物置を作る仕様だったのですが、強度を考えたら柱は多い方が良いという事で、思ったより立派で大きくなりました。。。

板塀と一体化した木製造作物置の画像

扉がある物置の下に水道メーターが隠れていて、道路側は点検口が開いています。

小物類は扉側に収納し、オープンになっている側には、庭仕事で使う道具を吊るしたり、たい肥や培養土の袋を置いたりしています。

私たちが引っ越しする前には、野良猫がよくお昼寝していたようですww

物置を作ったお陰で、気が向いたときにいつでも庭仕事ができるようになりました^^
市販の物置より温かみがあって、とっても気に入っています(*'ω'*)

造作物置は、意外に好評でした↓

toniho.hatenablog.jp