ちょっと曲がった家

妻主体で始めた建築家との家づくり(2015年完成)と、その後の庭づくりや日常生活を記録したブログです。

DIY:板塀の塗り直し~実践編~

我が家の板塀(横幅約5m×高さ150cm)の塗装作業が終わりました\(^o^)/

toniho.hatenablog.jp

板塀のメンテナンス

ほぼ一人での作業(夫はノータッチ、娘が30分程付き合ってくれました)でしたが、案外素人でも簡単に塗ることができました。

コツは塗る前に塗料の缶をしっかり振って、顔料をちゃんと混ぜる事ぐらいww

塗り直した板塀

アフター:むらはあるものの、全体的に色が揃った感じ^^

3年が経過して色が落ちた板塀

ビフォー:全体的に塗装が日に焼けて薄くなっていました。

初めてにしては、そこそこ綺麗にできたかも♪
刷毛に塗料をしみこませ過ぎないのがムラなく塗るコツのようです。

塗り直した板塀の全面

これだけ塗るのに、1日がかり(疲)
二度塗りしたので、キシラデコール1.6Lの缶が空になりました( ̄▽ ̄)

ベランダの手すりの塗装

ついでに塗装が剥げていたベランダの手すりも塗り直しました^^

塗り直したベランダの手すり

アフター:こげ茶色に綺麗になりました^^

塗装前の手すり

ビフォー:日に焼けてかなり色が褪せてました。

塗装が剥がれている手すりの箇所

ビフォー:手すりの傷みがひどかった場所
塗装が完全に剥がれて、生の木がむき出しになってました。

杉は木肌が柔らかいので、外構に使うのは向いてないんでしょうね(^^;

塗り直して綺麗になった手すり

アフター:剥げてる場所は、入念に3度塗りにしました。

手すりは桟が邪魔だったので、刷毛ではなく掃除用のメラミンスポンジで塗りました。
塗料でゴム手袋の指先が汚れる+スポンジが頻繁に摩耗するけど、手のひらサイズなので手すりの裏側まで塗りやすかったです^^

木製外構のメンテナンス

キシラデコールの缶にも書かれてますが、板塀やウッドデッキなど木製の外構は3年おきぐらいに塗装が必要なようです。

日向と日陰ではかなり色あせ具合が違いました。
特に一日中日を浴びる板塀の外側は変色がひどかったけど、日陰になっている庭側はほとんど色あせしておらず、メンテナンスは来年以降でも大丈夫そうでした。

うちは板塀を私の手が届く高さに抑えたから自力で塗れたけど、面積が大きかったり脚立が必要だったりしたらもっと大変だろうな~

広々としたウッドデッキとか木の外壁のお家って、皆さんメンテナンスはどうされてるんでしょうねぇ(^^;

将来的に自力でメンテナンスできなくなったら、板塀はやめないといけないですね(汗)
多分その頃には木が腐ってきて、手のかからないアルミの既製品にでも変えてしまうだろうと思います。。。

夢のない話をしてスミマセン(^^;