ちょっと曲がった家

変形地×設計事務所で、思い通りの家を建てました!

住宅ローンは伊予銀行の段階金利を検討

現時点で利用しようと思っている住宅ローンは、伊予銀行(いよぎん)の「まるごと住宅ローンワイド」という商品の段階金利タイプです。

何かを発見した猫のイラスト

いよぎんの段階金利について

普通、住宅ローンというと変動金利か固定金利のどちらかしか聞かないと思うのですが、いよぎんにはもう一つ『段階金利』というタイプがあります。

これは、ローン開始10年まではかなりの低金利のままで借りることができる反面、11年目以降は一般的な固定金利よりも高い金利で返済をするという2段構えの住宅ローンなのです。

11年目以降が高いとはいえ、10年までは変動金利並みの金利設定なので、金利が上がる心配をせずに10年間も低金利で借りることができるのは大きな魅力だと思いました。

段階金利の仕組みについて、下記リンクで詳しく説明しています↓

toniho.hatenablog.jp

段階金利で2プラン

更に段階金利の中でも、Aプラン・Bプランと2つ選べるようになっているのですが、その金利というのが…

  Aプラン:当初10年間 0.72 11年目以降 1.57
  Bプラン:当初10年間 0.52 11年目以降 1.67
  (上記金利は、平成27年2月10日~3月9日申し込み分です)

10年固定の金利が変動金利並みに低くなってます!w(°o°;)w

夫といよぎんに話を聞きに行ってた時期(去年の秋頃)は確か0.82%ぐらいで、その時も大分安くなってるな~と話してたのに、0.52%だなんてネットバンク並みになってます。

ただ、別途保証料が0.2%上乗せされるので、実質はBプランでも0.72%となるのですが、それでも有難い金利です。

さらに嬉しい事に、ローン申し込み時の金利とローン実行時の金利を比較して、低い金利を選択・適用してくれるので、金利の上がり下がりに振り回されないのもメリットだと思いました。

伊予銀行の住宅ローンのホームページはこちら

まるごと住宅ローンワイド|かりる|伊予銀行

段階金利を選んだ理由

10年間は変動金利並みに低金利だけど、11年目からグンと金利が上がってしまう段階金利…我が家がどうしてそんな段階金利を選んだのか?について説明しますね。

  • 申込時点で、最終的な総支払額が明確
  • 11年目に金利が上がっても、支払い上限額を超えていない(←ココ重要!)
  • 10年間の住宅ローン控除のお金を繰り上げ返済に回すつもり

段階金利=変動金利と固定金利のイイトコどりのように考えたんです(*'ω'*)

我が家の返済期間は27年と若干短めだったのもあり、10年間ずっと低金利が保証されている段階金利に魅力を感じました。
(住宅ローン全期間の三分の一にあたる期間を、安い金利+変動なしで借りられる事を有利と考えました)

もう一つ重視したのが11年目に金利が上がっても、我が家の支払い可能額を超えていないという事も大切なポイントでした^^
(やはり金利が上がっても無理のない返済額をキープするのは、住宅ローンを借りるうえで重要だと思います)

はじめの10年間で返済資金を溜めておき、11年目に繰り上げ返済をして、金利の増加分(月額8000円程度)は支払額を抑えるようにする予定です。

我が家の家づくりに掛かったお金については、こちらでご覧いただけます↓

toniho.hatenablog.jp

toniho.hatenablog.jp