読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと曲がった家

香川県で建築家と「ちょっと曲がった家」を建てました。。。(2014-2015)

佐柳島(猫島)に行ってきました

旅の記録

夫の体調も回復したので、以前から行ってみたかった佐柳島(猫島)に行ってきました。
佐藤さんの佐に柳で『さなぎじま』と読みます。

前回のうさぎ島同様、全国の猫好きが集まっているんじゃないかと思い、キャットフードは少しだけ用意して、多度津港へ向かいました。。。

f:id:toniho:20160506140403p:plain

三洋汽船のフェリー乗り場は、観光客よりも法事などで里帰りする人たちのほうが多い感じ。
午前9時5分出港。多度津港から佐柳本浦の船着き場まで約50分です。

f:id:toniho:20160506140556p:plainフェリーからの眺め

f:id:toniho:20160506140617p:plain f:id:toniho:20160506140635p:plain

f:id:toniho:20160506141034p:plain

フェリーを降りると、待ち受けていた猫がお出迎えww

f:id:toniho:20160506141214p:plain

うさぎ島のような町中猫だらけ!という訳ではなく…ここが一番大きなグループで、あとはちょこちょこ道端で会う程度でした。
腹ペコの猫が多かったのは、強風のせいで前日フェリーが欠航し、餌にありつけなかった猫が多かったからのようです(^^;

f:id:toniho:20160506141246p:plain

島に唯一あるお店の店先でくつろぐ親子。
母猫と同じくらいの体格ですが、甘えておっぱい飲んでました。。。

f:id:toniho:20160506141854p:plain f:id:toniho:20160506141921p:plain

帰りのフェリー(午後3時25分)まで時間があるので、『大天狗神社』へお参りに行ってみました。
島の人が「階段だらけでしんどいよ」って言ってましたが、その通りでした(^^;

f:id:toniho:20160506141633p:plain

振り返ると映画のような瀬戸内海の風景が広がってます。

f:id:toniho:20160506142421p:plain

大天狗神社に到着~
髭のない若い天狗様のお面が掛けられてました。

f:id:toniho:20160506142846p:plain

鳥居の横にあった賽銭箱。誰なんでしょうね?

f:id:toniho:20160506144924p:plain f:id:toniho:20160506144944p:plain

帰りも綺麗な景色を見ながら、ひたすら階段を下りました。

f:id:toniho:20160506145117p:plain

時間が余ってるので、浜に降りて水遊びもしました。
水の色がとっても綺麗でした^^

f:id:toniho:20160506145135p:plain

水遊び中、荷物番の夫のそばで昼寝を始めた猫ww
触ると嫌がってどこかへ行ってしまいました(^^;

f:id:toniho:20160506145426p:plain

まだ時間があるので、本浦から長崎のほうへ移動中に出会った猫。
なぜか夫にだけ愛想が良いのです。。。

f:id:toniho:20160506145548p:plain f:id:toniho:20160506145608p:plain

本浦と長崎の中間地点にあった旧佐柳小学校。
体育館の前で島の人に「いまから卓球するんやけど、やる?Q(・∀・)ノ゜」と誘われて図々しくお邪魔してしまいました。。。
夫と娘が30分ほど打ってもらいましたが、皆さんとてもおおらかで気さくな方たちでした。

長崎の船着き場まで行ってみたのですが、こちらは飼い猫(毛並みがきれいなのですぐわかる)が少しいるだけのようだったので、また歩いて本浦まで戻りフェリーで帰路につきました。

佐柳島の猫の印象

全体的に若い猫が多い。(しかも妊娠中の若い雌猫がやたらと目につきました)
若い猫は「餌が欲しいけど人間は苦手」という猫が多く、下手に触るとフー!っと威嚇されます(^^;
年寄の猫のほうが断然愛想が良いのですが、野良生活であまり寿命が長くないのかそれ程数が多くありませんでした。
うさぎ島状態を期待して行ったので少しガッカリしたのですが、小さな島で気ままに生きる猫の姿を見るのは中々良い経験でした。
瀬戸内の風景も素晴らしく、島の人ものんびり開放的な雰囲気で、とても居心地が良い島でした。
今度は大袋のキャットフードを準備して行きたいなと思います^^

うさぎ島は↓でご確認いただけます。。。

toniho.hatenablog.jp