ちょっと曲がった家

家づくりとその後の庭づくりや日常生活の記録のブログです。

洗い桶をやめてみた

片づけ本等で「三角コーナーや洗い桶をやめたら、スッキリした!」という記事を読んでも、なかなか踏ん切りがつかず使い続けていましたが、とうとうオサラバできそうです。。。

ちなみに、三角コーナーは生ごみが濡れるのが嫌で元々使ってません(^^;

http://www.risu.co.jp/group/search/file/file0040/t010000003916.jpg使ってたのは、こんなやつ

洗い桶を使っていた理由

実家でずっと使っていたし、食器の漬け置きに必要だと思っていたから。
私が住んでる香川県は夏場の渇水が恒例なので、なんとなく節水になるような気がしていました。

シンクの掃除をする時、いつも洗い桶や排水口の部品を洗ってベランダで干すのですが、試しに洗い桶は戻さずに様子を見てみることにしました。
(不便だったら戻すつもりで)

洗い桶をやめたら

まず、シンクが広く使える事にビックリw(°o°;)w

洗い桶があると水がきれいに流れず、いつもシンクに小さなゴミが残った状態だったのが、無くしたら綺麗な状態をキープしやすくなりました。
あと、これは多分私だけですが、面倒くさかった食器洗いにも「早めに片づけてしまおう」というスイッチが入りやすくなったように思います。。。

という訳で、やめた方が良い事が多いのでこの際やめようと思います(*'ω'*)

現在も使ってません

2015年の記事のフォローです。
この記事は家作り真っ最中に書いたものでしたが、新居に引っ越してからも洗い桶は使わないで過ごしています。

現在は、料理で使ったボウル(お米を研ぐ→切った野菜を入れる)に、料理がひと段落してから料理中に使った道具を洗う時に出るすすぎ水を溜めて、食後のお茶碗などを漬けるようにしています。

結局、私が洗い桶でしたかったのは、お茶碗の漬け置きだったんですよね(^^;
こんなに大きなモノは必要が無かったな…とやめた今になって気づいたのでした<2019年4月>