ちょっと曲がった家

妻主体で始めた建築家との家づくり(2015年完成)と、その後の庭づくりや日常生活を記録したブログです。

洗面台について悩む

今、設計士Kさんから出されているお題は『洗面台を決めよ』というもの。

洗面所のイラスト

洗面所スペースは幅90cmを予定しています。

おしゃれ家ブログのマネをして上部にモザイクタイルを張りたかったので、鏡や棚は造作で洗面台は適当な既製品にするつもりでした。

私は洗面台に強い思い入れがある方でもなく洗面台なんて、歯磨きできればええやん」程度だったのですが…

私の洗面台の条件

  1. すっきりしたデザインの陶器製ボウル
  2. 樹脂製でないシンプルな水栓でシャワーは不要
  3. タオルを入れるための引出があること
  4. 幅は75cm、高さは80cm
  5. できれば、足元に椅子とゴミ箱を格納したい

たったコレだけなのですが、必須条件(1~4)すら満たす既製品が見つかりません(>_<)

今は人造大理石のボウルが流行中らしく、大手メーカーのTOTOリクシルでも陶器製というだけでかなり選択肢が絞られてしまいました。。。

意外に少ない陶器製洗面器

TOTOでは、サクア・モデア・Aシリーズ・Bシリーズ*1が陶器製でした。

サクア

TOTO サクア 洗面台の画像

サクアはハイバックの洗面器とハンドシャワーの機能的な洗面台。
シンプルでスッキリしてるデザインなのですが、モダン過ぎてあまり好きじゃないんですよね。。。

ハイバックだと洗面台と鏡の間が狭いので、タイル貼れないかもしれないし(^^;

モデア

TOTO モデア 洗面台の画像

モデアは好きなデザインだけど、収納が使いにくそう(^^;

TOTO モデアの洗面器のタイプ

洗面器の形も悪くなかったんですけどね…

Aシリーズ

TOTO Aシリーズ洗面台の画像

賃貸のアパートや病院の個室で使われている洗面台という感じ…たぶん今住んでる社宅と同じタイプな気がします(;^ω^)

TOTO Aシリーズ洗面台の洗面器の説明

機能とコストが最優先であれば、別に悪くないんですけどねぇ。。。

リクシル オフト

リクシルならオフトが唯一の陶器製洗面器。
すっきりしたシンプルなボウルは好みだったのですが、、、

リクシルオフトの画像

なんと水栓が全部樹脂!
樹脂製の水栓は個人的に却下だなぁ(*_*)

リクシルオフト水栓の種類却下!

樹脂製水栓が嫌なワケ

実家が樹脂製水栓の洗面台だったんですが、何年か使ううちに磨いても落ちない汚れがついてしまって。。。
なんとなく金属製のほうが清潔に感じるんですよね(^^;

仕方なく造作に

既製品でコレというのが見つからず(>_<)
仕方なく造作を検討し始めた記事については「陶器の洗面ボウルにこだわったら、洗面台は造作になった話」をご覧ください。

実際はこうなりました↓

toniho.hatenablog.jp

TOTOから、陶器ボウルの良い製品が出ました^^

toniho.hatenablog.jp

*1:2015年当時のラインナップ。今は廃盤になっているようです。