ちょっと曲がった家

家づくりとその後の庭づくりや日常生活の記録

造作洗面台の検討

洗面台のおさらいになりますが、既製の洗面台の採用を断念からTOTOのカウンターの検討を経て、イチから洗面台を造作する事になりました。

オーダーメイドの洗面台

まず、陶器ボウルを使った洗面台のイメージを描いてみました。

造作洗面台イメージ図

カウンターについて

家自体がナチュラルやカントリー風ではないので、総タイル張りのカウンターは×
集成材のカウンター+陶器ボウルが一般的だけど、Kさん曰く水がかかる所に木材を使うと傷みが早いので勧めないとの事。
消去法で残ったのが、人造大理石カウンター(なんか元に戻ってる?)

洗面器について

継ぎ目の汚れが気になるのでアンダーカウンター式はNG
ベッセル式かオーバーカウンター式のボウルにする。

私の好みは主流のベッセル式(こっちの方が種類が豊富)ではなく、やはりマイナーなオーバーカウンター式に惹かれてしまうのでした(^^;
「どっちも一緒じゃない!」と言われるかもしれないのですが、なんか上にドンって置いただけのベッセル式より、半分埋まって奥ゆかしいオーバーカウンター式が好きなんですよね。。。

オーバーカウンター式の陶器製ボウル

INAXのL-2149シリーズ(適度な丸みとスクエアなデザインが好み)が良い感じ(*^^*)

リクシルイナックスL2149FC

写真は三つ穴ですが、L-2149FCという型番でシングルレバー水栓が付けられる一つ穴になります。
素人には分かりにくいんですが、INAXの洗面器は型番の最後のアルファベット2ケタが水栓を取り付ける穴(カラン穴)の形状を表しています。

カウンター下に問題が

でも、これで決定!とはならないのです。。。
半分埋め込んでるという事はカウンター下にも影響するという事で、カウンター下の引出しに緩衝する事が判明(>_<)
これをどう対処するか、まだ良いアイディアが出てません。。。

Kさんはご自宅でも使っているINAX サティス洗面器(ベッセル式なので下はフラット)を勧めるのですが、、、なんかちょっと違う感じなんですよね(汗)

リクシルサティス洗面器

 実際の洗面台はこちら↓

toniho.hatenablog.jp