ちょっと曲がった家

変形地×設計事務所で、思い通りの家を建てました!

台湾で気をつけたい、最新のトイレ事情と公共マナー

台湾には今回の旅行を含めて2回行ったのですが、前回(約20年前)と今回で大きく変わっていたのがトイレ事情でした。

台湾の最新トイレ事情

むかしの台湾旅行のガイドブックには決まって「トイレットペーパーは流さず、ゴミ箱に捨ててください」という注意書きがありました。
当時は下水設備が整っていなかったため、水洗トイレに紙は流さないルールだったのです。

今のガイドブックにはその記述が無く「どうしたらいいんだろう…」と悩んでおりましたが、今の台北市内ではほとんどのトイレでペーパーが流せます
ただし、全てのトイレが流せるわけではないのでご注意を。

トイレットペーパーが流せるトイレ・流せないトイレ

空港や台北101故宮博物院などの有名な観光施設や街中の比較的新しい建物は、トイレットペーパーをトイレに流してOKでした。
(私たちが宿泊したシーザーメトロ台北ホテルも勿論OK)

私たちが旅行した中で、トイレットペーパーを流せなかったトイレは、九份の駐車場の公衆トイレと古い建物をリノベーションした台湾カフェの2カ所だけでした。

今はトイレットペーパーを流せないトイレの方が少数派になっているようで、トイレに注意書きがあった場合に流さないようにすれば問題ないと思います。

現地の人も迷ってる?

台北市民でもまだ認知されていないのか、MRTの駅にはこんなポスターが張られていました。

台湾の駅のポスター トイレに紙を流してよいかどうか

「衛生紙=可」と書かれているのが、おそらく「トイレットペーパー=OK」ということ。
というか、トイレットペーパー以外は流さずゴミ箱に捨ててね!という事でしょうww

台湾の公共マナーとルール

台湾旅行で気をつけた方が良い事を書いておきますね。

公共の場所では飲食禁止

台湾では、地下鉄の駅や車内・ホテルのロビーなど、公共の場所での飲食が禁止されています。

うっかり夫がMRT車内でペットボトルのお茶を飲んでしまい、そばに座っていた女性から「No Drink!」と注意されてしまいました(私が)

飴をなめたりガムを噛むのも対象になるので、注意してくださいね('◇')ゞ

飲食禁止が徹底されている+駅には清掃員の人も多く、車内もホームも日本より清潔でした。。。
この点は日本も台湾を見習うべきかもしれませんね(^^;

高齢者に親切な人が多い

台湾のMRT(地下鉄)に乗っていて、ビックリしたのが高齢者に親切な人が多いということ。

台湾では、75才の母に席を譲ってくれる人がとても多かったのです。

台湾では優先座席を『博愛座』と表記しているのですが、母が立っているのが博愛座付近でなくても、わざわざ座るように呼びに来てくれた人もいました。

些細な事ですが、日常生活でも高齢者を温かく見守っている台湾の人を日本人は見習うべきだと思いました。

まだまだ元気だと思っていた自分の母親が、外国で”お年寄り”として労られることに驚きましたが、75才といえば立派な後期高齢者ですもんね(^^;

お陰で「他所の人から見ると母親は、すっかり”お婆さん”なんだなぁ」としみじみ実感することができました。。。

親の年齢を冷静に客観視することができたという意味では、とても有意義な旅行となりました( ̄▽ ̄)
外国だからこそ、分かった真実かもww

台湾旅行記