ちょっと曲がった家

家づくりとその後の庭づくりや日常生活の記録

レンガ小道の並べ替えのついで

週間天気予報では今日は雨が降るはずだったのに、朝から快晴(*_*;
穴掘りはお休みですが、レンガ小道のライン調整はちょこちょこやってます。

将来的にパーゴラやアーチを建てるとしたら、それも計算に入れた位置にしないとせっかくの労力が無駄になってしまう…と、柱を建てる場所を確保してライン決めをしないといけないことに気付きました(^^;

8月の庭の風景

8月の庭の風景

ぼーさんがへをこいた!*1みたいww
長めの支柱を刺した植木鉢を置いてシミュレーションしました。
構造物の位置が庭の入り口と庭木の間の2パターンに対応できるよう、レンガ小道のラインを決めようと思います。

8月の庭の風景にパーゴラを書き足したもの 8月の庭の風景にパーゴラを書き足したもの

鳥居みたいですが、一応パーゴラのつもり(^^;
やっぱり入り口の方が本来の使い方に合ってるかな…?

支柱を刺した植木鉢

本当は誰かに柱を持ってもらって写真撮るのが手っ取り早いのですが、こんなしょうもない遊びは誰も付き合ってくれないので身代わりです。。。

*1:関東では「だるまさんが転んだ」ですが、私が育った関西では「坊さんが屁をこいた」の方が一般的でした。言葉が下品だからか、娘の幼稚園では「おおかみさん、いま何時」という言葉に置き換えられていました。時代ですかねぇ(^^;