ちょっと曲がった家

家づくりとその後の庭づくりや日常生活の記録のブログです。

子供の目が悪くなったのは、照明のせい?

娘が4月の眼科検診で引っかかってしまい、ずっと目薬で経過観察をしていたのですが、昨日先生から「これ以上は改善しないでしょう」と宣言されてしまいました(TT)

娘の視力が落ちてきた

視力検査のイラスト

ちょうど視力が落ちた時期にユーチューブにハマっていて、何度注意してもパソコンをじっと近くで見続けてるので、娘の視力が落ちたのはヒカキンのせいだ!と決めつけてたのですが、ゲームもヒカキンも飽きてしまい、最近はパソコンも3DSもほとんど使わなくなってました。

前ほど目を酷使してないのに、なんで改善しないんだろう…と思いながら眼科から帰宅すると、居間の明りが妙に薄暗く感じるのです。。。

昨日は夕方から雨が降り出しどんよりとした天気だったので、窓から外光があまり入らなかったからか、照明をつけてるのに部屋がとても暗く感じられました。

視力低下は、もしかして家のせい?

もしかしたら娘の視力低下の原因は照明かもしれない…と気付き、居間でいつものように宿題を始めた娘の手元を照らすため、子供部屋にあったデスクライトを持ってきました。

娘もデスクライトでかなり見えやすさが違うと言うので、早速置き型のスタンドライトを買う事にしました。

家の暗さに気付かなかった訳

もっと早くに部屋が暗すぎると気付いてたら、娘の視力は低下しなかったんじゃないか…と思うとすごくショックです。
居間の照明は入居早々に暗すぎると感じて、LED電球40W電球色から60W昼白色に交換したので「もうこれで大丈夫!」と安心してたのに…(>_<)

どうして今まで気づかなかったのかというと、日中のほとんどを居間で過ごす私は日が暮れて徐々に暗くなってきても、部屋の暗さに慣れてしまって分からなかったのだと思います。

スタンドライト導入で本当に娘の視力の低下に歯止めを掛けられるかは分かりませんが、とりあえず今よりはずっと明るくした部屋で生活させるようにしてみます。
進行中の私の老眼もこれで改善するといいんだけど(^^;

本当は照明全体を付け替えたいくらいの気持ちなのですが、居間のペンダントは業者でないと付け替えが出来ない仕様になっており、私が唯一出来るのはLED電球をもっと明るいのに交換することだけなのです(T_T)

結局100Wの蛍光灯に替えました↓

toniho.hatenablog.jp