読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと曲がった家

香川県で建築家と「ちょっと曲がった家」を建てました。。。(2014-2015)

ワタシの家づくりって?

何の前触れもなく、夫から真顔で「本当にこのまま家を建てて大丈夫?」と言われました。
私がブログに書いている内容が、不満とか愚痴ばかりだと思ったようです。
確かに「窓が多すぎる」とか「照明が気に入らない」とか、最近は文句ばっかり言ってるかもしれません(^^;

私は夫に「文句ではなく、Kさんと私の好みのズレを修正したいだけなんだ」と言うと、夫は「好みって個人的なモノだから、完全に一致させるのは無理だろう」との事。
確かにそうなんだけど、私は出来る限り我が家にフィットした家を建てたいだけなんです。。。

『自分好み』を伝えたい

Kさんは私の好みを「可愛いのが好き」と言いますが、その『可愛い』が微妙に違うのです。
私が好きなのは「可愛げがあるモノ」で、ラブリーやファンシーではなく、どちらかというとユーモラスな感じのモノ。
これを一々補正しようと事細かに説明しているのですが、ここまでする私って異常なのでしょうか?

確かにプロの建築家に依頼した以上、全てお任せすれば素敵な家が建つでしょう。
でも、建築家から見た『施主の好み』に合わせただけで、本当に施主の好みにぴったりフィットした家とは限りません。
どうせ同じ大金を出して家を建てるなら、この誤差を出来る限りなくした家にしたいとあがいているんですけど、これって我儘なんでしょうか?他人から見ると我儘なんでしょうね。。。
予算が少ない癖に注文の多い施主って、私でもイヤですもん(>_<)