ちょっと曲がった家

変形地×設計事務所で、思い通りの家を建てました!

駐車場:コンクリート目地のタマリュウの手入れ

「暑くなる前にやってしまおう」と決めていた、駐車場のタマリュウ目地の手入れをしました。

駐車場のタマリュウ目地

土間コンクリートにひび割れ防止のために作られた溝を目地と呼び、目地にタマリュウを植えたものを『タマリュウ目地』と言うのだそうです。

我が家は目地に砂利(砕石)を入れてもらいましたが、後から自分でタマリュウを植えました(*'ω'*)

駐車場の全景 タマリュウを植えた土間コンクリート目地

こんな風に、一定の間隔でタマリュウが植わってます。

地味ですが少しグリーンが入るだけで、コンクリートの駐車場の寒々しさが少し和らげられると思います( ̄▽ ̄)

土間コンクリート目地いっぱいに育ったタマリュウ

頻繁にタイヤが通る場所のタマリュウは、あまり大きくなってないのですが、普段踏まれない場所はモリモリに育ってますww

これまでは猛暑や寒波で枯れて(自然淘汰)、適度な大きさを維持できていたのですが、去年の夏は雨が多かった上、暖冬もあって必要以上に育ちすぎたようです(^^;

見た目も悪いし、きっと土間コンクリートにも良くないと思うので、大きくなり過ぎた株を間引くことにしました。

増えすぎたタマリュウを間引く

土間コンクリート目地いっぱいに育ったタマリュウ

こんもり育ったタマリュウ
両脇の砂利を掻き出して、根元を掘っていきます。

土間コンクリート目地いっぱいに育ったタマリュウを引き抜いた様子

最後は力任せに引っこ抜きましたww

目地の幅いっぱいにギッチギチに詰まった根っこ
引っ張り出すのも一苦労でした(^^;

限られた範囲だから私一人の力でも引っ張り出せたけど、これが一列全面に植えていたら根っこが絡み合ってしまい、きっと抜けなかったでしょう(;'∀')

土間コンクリート目地いっぱいに育ったタマリュウを間引いたあとの様子

新しい綺麗な部分だけむしり取って、束ねたものを植えなおします。
根っこに土を足して砂利をかぶせれば完了( ̄▽ ̄)

土間コンクリート目地いっぱいに育ったタマリュウを間引いたあとの様子

矢印が間引いた後のタマリュウです。

奥に写ってるボサボサより、かなりスッキリしましたよね(*'ω'*)

全面植栽にしなくてよかった

砂利に比べると、タマリュウを植えた部分は確実に雑草が生えやすいです。

管理の手間だけ考えると、コンクリート目地には植物なんて植えないほうが良いのかもしれませんが、やっぱり砂利だけじゃ物足りないんですよね。。。

外構完成当時は、取り除いた砂利の処分ができない+植えるタマリュウが足りなかったので、部分的な植栽にしたのですが、今思うとこれが正解だったかも(^^;

目地全面にタマリュウを植えてたら、手入れが今より数倍大変だったと思います。。。

我が家の駐車場についてはこちら↓

toniho.hatenablog.jp