ちょっと曲がった家

香川県で建築家と「ちょっと曲がった家」を建てました。。。(2014-2015)

定例会(13週目)

今日から2学期。
やっと娘も学校行ってくれましたQ(・∀・)ノ゜サァー!!

新築工事現場

外観はほとんど変わってませんが、床板の杉材が搬入されてました。
棟梁が板を選り分けていて、あまり綺麗じゃない板は納戸や造作家具の床に使うと言ってました。
知らなかったのですが、杉は赤いほど強く良いそうで、白っぽいものは一見綺麗だけど弱いそうです。

積まれた杉無垢材

 単に床板を張るといっても、建具の枠などの凹凸に合わせて切ったり、周囲の色合いなども合わせながら1枚ずつ貼っていくそうで、手間と根気のいる作業です。

造作飾り棚

造作の洗面台横のニッチの棚も取り付け済みでした。
これも赤身の良い板を使ってくれてます^^

周囲も続々と着工

同じ分譲地で、半年遅れぐらいで売れた土地がこの1ヶ月で次々に着工しておりまして、1軒は昨日が上棟式だったそう。
先週はまだ基礎工事中だったので、ハウスメーカーのスピードは凄いな!w(°o°;)wとみんなビックリしてました。
同業者の建て方が気になるらしく、打合せそっちのけでKさん・現場監督・棟梁が興味津々で窓から眺めていましたww

補足:現場監督もKさんも、普段は分譲地で建てる事が少ないそうで、他社の建て方を見るのが楽しかったようです(^^;