ちょっと曲がった家

香川県で建築家と「ちょっと曲がった家」を建てました。。。(2014-2015)

スイッチ・コンセントについて

配線の計画もほぼまとまり(おまかせ)、段々と細かい仕様検討になってきました。
家づくりに関わるまで全く知らなかった事なのですが、住宅・オフィスなどのスイッチやコンセントは、ほとんどがパナソニック製なんですね。
そういえば、実家や社宅のやつにもナショナルのロゴがあったような…

パナソニックがほぼ独占

「独占」と言うと聞こえが悪いですが、建設業界ではデフォルト(標準)がパナソニックのコスモシリーズのようです。
施主が何も言わなければ、当然のようにパナソニックのコスモシリーズのスイッチとコンセントが取り付けられる事になります。
ナショナル時代からの実績と、業者が使い慣れている安心感からなんでしょうね。

パナソニックコスモシリーズワイド21
パナソニック コスモシリーズワイド21

昔のスイッチ(フルカラー)との比較で「凸凹が無いからスッキリ」とアピールしてますが、私はパッと見でON・OFFが分かる方が良いと思うんですけど。。。

新旧スイッチの比較

 

コスモシリーズの一般タイプの中でも、プレートの形が2種類選べます。

スイッチプレートの図

左側のラウンドプレートタイプが標準品、右側のスクエアプレートタイプは指定しないと取り付けてもらえません。
私は、すっきりしたスクエアが好みなんですが、なぜかカタログ内でも地味な扱いになっています。(↑の赤矢印部分)

あくまで憶測ですが、上位シリーズが差別化を図る為じゃないかと思います。

高級なスイッチの図
一般タイプに比べると、ちょっとオシャレ?勿論、お値段もお高いです。

豊富なバリエーション

主要メーカーというだけあって、パナソニックには様々な機能を持たせたスイッチやコンセントがあります。
知らなかったのですが、スイッチってブロックのように部品を自由に組み合わせられるんですね。。。

スイッチとコンセントが合体したタイプこんな製品も…

あけたらコンセントの説明

「これは便利!」と言われている『あけたらコンセント』
スイッチのカバーを開くとコンセントが出てくるという製品ですが…
よく見ると上の画像のスイッチ+コンセントにカバーがついてるだけ。
機能的には同じなのに値段は倍以上???

スイッチ・コンセントも中々奥深い世界のようです。。。

パナソニック以外は?

家づくりブログで時々取り上げられているメーカーに、神保電器があります。
価格的には、ちょっとお高いかな?

ジンボNKシリーズ
NKシリーズ
シンプルでシャープなデザインがめちゃカッコいい!

ジンボJワイドシリーズ
J・ワイドシリーズ
ラウンドタイプですが、なぜかパナソニックよりもカッコよく感じます。。。

これ以外でも、レトロなアメリカンスイッチやアンティークのスイッチなども見かけるようになりましたが、やはり普及品と比べると価格が全然違います。
家中全部にこだわるには、かなりのお金と根気が必要なようです(^^;

結論

設計士のKさんによると「どうしても!」という場所があれば、他の製品も指定可能でしたが、そこまで拘りきれない我が家のスイッチ・コンセントは『パナソニックのコスモシリーズ スクエアプレート』で統一という事になりそうです。
でも、レトロなフルカラーも良いなぁと思ってるので、トイレのスイッチくらいはこっちを使おうかなぁ。

 

補足1:スイッチ・コンセントの大手メーカーで、東芝を忘れていました(汗)
   HMによっては、東芝が標準というところもあるようです。

補足2:社宅のコンセント、なんとJIMBOのロゴがありましたw(°o°;)w

 

結果的に、東芝のスイッチを付けました(^^;

toniho.hatenablog.jp

 スイッチについての反省

toniho.hatenablog.jp