ちょっと曲がった家

変形地×設計事務所で、思い通りの家を建てました!

無印良品のバスケットで水切りカゴを最適化

食洗器がない我が家にとって、水切りカゴは無くてはならないアイテムなのですが、改めて見直してみることにしました。

水切りカゴ自体を撤去して、毎回洗った食器はすぐに拭いてしまう…というミニマリスト的発想はナシでお願いしますww

見直し前の水切りカゴ

これまでキッチンで使っていた水切りカゴは、旧居から持ってきたSUIです。

奥に入れているお皿立ては、付属品ではなかったのですが捨てるのが勿体ないので使っていました。

水切りカゴを置いているシンクの様子

大き目サイズで鍋やフライパンもどんどん置けるのが気に入っていましたが、スペースをとるため蛇口に干渉するのが気になってました。。。

水切りカゴと蛇口の間隔

水切りカゴを置いたパターン

大きな水切りカゴに出っ張って取り付けた水切りポケット(^^;
これじゃ蛇口も使いにくいですよね。。。

水切りカゴと蛇口の間がせまい問題については「システムキッチンのココが残念」をご覧ください。

100均の棚を水切りカゴ代わりに

とりあえず手持ちで水切りカゴの代わりになるものを探した結果、お皿立て+100均の折り畳み棚の組合せにしてみました。

100均の折り畳み棚を水切りに使った例

一気にスッキリ広々して圧迫感が解消(*'ω'*)

水切りカゴと蛇口の間隔

明らかに蛇口との間隔が広がりました♪

100均棚を置いたパターン

このままでもイイかな~と思ってたのですが一つ問題が…

水切り棚だけでは容量不足

水切り棚はサイズダウンと共に容量も大幅にダウンしていたのです。。。

100均の折り畳み棚を水切りに使った例

周囲にカベとなるものが無く、食器を平置きするしかない+積み上げに限度があるので、目一杯置いても上の写真が限界。

3人暮らしの我が家には、無理がありました(^^;

周囲に支えるものが無いので、手を引っ掛けたりバランスを崩すと水切りポケットが落ちてしまうのも困りものでした。
この写真を撮る前にも水切りポケットをひっくり返していますww

無印のステンレスワイヤーバスケットがジャスト

もっとコンパクトで使いやすい水切りカゴがないかと探したところ、丁度良かったのが無印良品のステンレスワイヤーバスケット3でしたQ(・∀・)ノ゜サァー!!

無印良品のステンレスワイヤーバスケットを水切りに使った例

無印にした訳は、素材に上質なステンレスを使ってるので錆に強そうだったから。
お値段はその分高いけどね(-_-;)

もちろん、水受けはありません。
食器から落ちた水でバスケットの下が濡れてしまいますが、別に濡れても困らない場所だしそのままシンクに流れるだろうと思いました(*'ω'*)
もちろん大量に水を流すと床を濡らしてしまいますが、そういった大惨事は今のところ起きていませんww

水切りカゴと蛇口の間隔

無印良品のステンレスワイヤーバスケット+粘着ソフトクッションのパターン

バスケットの中に水切りポケットを収めることで、スペースを最大限確保しました^^

ワイヤーバスケットに足をつけてみた

 ワイヤーバスケットは直置きでも良かったのですが、システムキッチンの傷予防のために底面に足を付けました。

粘着ソフトクッションの画像

使ったのは、シリコン製のソフトクッション

無印良品のステンレスワイヤーバスケット+粘着ソフトクッションを水切りに使った例

粘着タイプなので、そのままバスケットの底にペタッと貼ってみました^^

無印良品のステンレスワイヤーバスケット+粘着ソフトクッションを水切りに使った例

本来は戸当たり防止クッションなのでいつまで持つかは不明ですが、今のところ水にぬれても剥がれることなく使えています。

無印良品のステンレスワイヤーバスケットを水切りに使った例

ある日の様子
朝食の食器とコンロの五徳や中華鍋などてんこ盛りww

水切りカゴの最適化の結果

目で見るとホンのちょっとした差ですが、体感的にすごく使いやすくなりました♪
今まで使いにくかった原因は、水切りカゴが大きすぎたってことですね(;^ω^)

SUIの水切りカゴは捨てずに、野菜入れにでもしようかと思ってます。。。

あとがき

無印のバスケットのまま快適に使っています^^

水受けが無いのでバスケットの下がビショビショになりますが、食器洗いの後に拭くのが習慣になりました。

前のSUIは水受けトレイが大きくて、溜まった水を捨てるのが億劫だったのに、ワイヤーバスケットは簡単に持ち上げられるので、負担になりません(*'ω'*)

まめに拭くようになったお陰で、キッチンを清潔にキープできるようになりました。

システムキッチンの関連記事