ちょっと曲がった家

妻主体で始めた建築家との家づくり(2015年完成)と、その後の庭づくりや日常生活を記録したブログです。

もっと!Excel:エクセルで作れる簡単な間取り図

仕事でMicrosoft Excel(エクセル)を使ってる方は多いと思います。
せっかくエクセルが使えるなら、家作りにも生かしてみませんか?

エクセルで間取り図を描いてみよう!

私が実際に家作りで使った『エクセルで簡単に間取り図を描く方法』を説明します^^
エクセルの図形(四角形や直線)を使うので、誰でも簡単に間取り図が描けますよ♪

あくまで建築ど素人が描く間取り図ですので、通し柱とか耐震壁などは全く考慮しておりませんので、ご了承ください(;^ω^)

図面を描く準備

まず初めに方眼紙のシートを作ります。

行の高さ設定の画面 列の幅設定の画面

適当なセルの範囲を、行の高さ20/列幅を2.75に設定します。

詳しい手順は別記事「もっと!Excel:エクセルで作る家づくりの図面(中編)」の1.図を描く準備をする でご覧いただけます。

基準を決める

まず始めに1マスをどう使うかを決めます。
単純ですが、図面を描く上ではとっても大切なのです(;^ω^)

間取りのピースを描いた図

この例では、4マスを1P(ピッチ)に決めました。

1P=半畳、1畳・2畳(一坪)・4畳半・6畳のピースを作ります。
ついでに言うと、2畳は標準的なユニットバスの大きさ(1616サイズ)です。

上の例で罫線が透けているのは、図形を透過させているからです。
エクセルはCADとは違い、図形同士をピタッとくっつけるのがやや難しいので半透明にすると便利ですよ^^

ピッチとは

ピッチとは建築で使う単位のことで、柱と柱の間隔を1ピッチと呼びます。
ハウスメーカー工務店が定めている基準みたいなもので、尺モジュール(1P=1尺/約91cm)とメーターモジュール(1P=1m)が主流です。

間取り図を描いてみよう!

ハウスメーカー工務店から貰った平面図があれば、参考にしながら部屋ごとの大きさに合わせて図形の四角を配置していきます。

全くの白紙から間取り図を描く場合は、水回りと玄関から配置を考える*1と、結構まとまりやすいように思います。

部屋を配置する

自分が住みたい家の間取りを想像しながら、上で作ったピースを方眼紙のシートに配置していきましょう。

~間取り図の書き方の基礎~間取り図を描くときは、上が北・下が南・左が西・右が東の方角にします。敷地の方位が真北ではない場合が多いですので、あくまでアバウトな方角でOKです^^

我が家の間取りをアレンジして『ちっとも曲がってない家』の間取り図を考えてみました( ̄▽ ̄)

間取りのゾーニング図

別に部屋ごとに色を変える必要はないのですが、分かりやすいようにww
白く抜けているところは、階段や廊下になります。

間取りの描き方 部屋わけ

部屋の説明を加えると、さらに間取り図っぽくなります。

壁を描く

分かりやすいように、太めの線で壁を描いていきます。

間取りの書き方 壁を描く

窓や出入り口は無視して、大まかに囲ってしまいましょう。

間取りの描き方 仕切り壁

外側が描けたら、部屋の間仕切り壁を描いていきます。
家の中の出入口は決まっていたら、反映させましょう。

開口部を付ける

ちょっと面倒ですが、線を引きなおして窓とドアを付けます。

間取りの描き方 開口部

↑の図は、手抜きして引き戸や窓の線は省いてしまい、ドアを直線と曲線(円の四分の一)を使って描いています(^^;
これだけでも間取り図として、結構わかるもんですね。。。

間取り図の完成!

システムキッチン・浴槽・家具などを描き加えると更に伝わりやすい間取り図になると思います。

エクセルで描いた間取り図完成

『ちっとも曲がってない家』の間取り図が完成( ̄▽ ̄)

ワードで作る場合は、方眼紙をグリッドに置き換えれば、同じ手順で間取り図を描けると思います。

このままエクセルのページ設定を調節して、A4に収めれば間取り図として印刷もできます^^
jpegpngなどの画像データとして利用する場合は、下記の操作が必要です。

描いた間取り図を画像データにする

キーボードにある〔Prt Scr〕というキー(ボタン)を使います。
プリントスクリーンという機能で、画面に映っている状態をそのままイメージ画像にしてくれるというとっても便利な機能なんです!(^^)!

罫線を消したいとき

罫線がある方が伝わりやすいのですが、もし邪魔だったら消してもOKです( ̄▽ ̄)

エクセル画面の表示メニューでも罫線を消すことができますが、めんどくさがりの私は印刷プレビューを表示させて〔Prt Scr〕キーを押してます。

画面表示を画像データに
  1. 〔Prt Scr〕キーを押したら、すかさず『ペイント』ソフトを開いて貼付け!
    もし『ペイント』のアイコンがデスクトップに見当たらない場合は、画面左隅にある〔Windowsマーク〕→〔Windowsアクセサリ〕→〔ペイント〕で起動できます。
  2. パソコンの画面がそのまんまペイント画面の中に張り付けられるので、画像にしたい部分を〔選択〕→〔切り取り〕
  3. ペイントで〔新規画面〕を開き、貼り付ければ間取り図画像の出来上がり

最後に〔名前を付けて保存〕を忘れずにしてくださいね!(^^)!

作った間取り図を活用しよう!

このブログで使っている間取り図や造作の設計図は、すべて私がMicrosoft Excel(エクセル)で描きました。
(設計士さんに了解を取らずに、ブログに図面の画像を使うと著作権にひっかかるかも…と思い、念のため自分でイチから描きました)

ひとつ描いておけば、家の打合せ資料はもちろんの事、ブログ画像など色々なことに利用できるので、自分で描いておいて良かったと思ってます(*'ω'*)

~間取り図のデザイン~今回記事で使った間取り図は、私が分かりやすいと思うデザインで描きました。
もっとシンプルな間取り図を描きたい場合は、モノトーンで線を細めのグレーに変えたり、説明を英語表記にしてもいいと思います^^
ソフトとは違うオリジナルデザインの間取り図、楽しく描いてみてくださいね♪

私信:たよらこ(id:tayorako)さん、お待たせしましたww簡単ですが、こんな書き方でいかがでしょう?(;^ω^)

エクセルで描く簡単な設計図

応用で、造作家具の設計図も作りました。
間取り図よりも簡単なので、よかったらご覧ください^^

toniho.hatenablog.jp

toniho.hatenablog.jp

toniho.hatenablog.jp

*1:土地によって、玄関の位置が大体決まります。水回りもまとめられることが多く、余程斬新な設計でない限りは、バラバラにはしないものなのです。