ちょっと曲がった家

変形地×設計事務所で、思い通りの家を建てました!

もっと!Excel:エクセルで作る家づくりの図面(前編)

本格的なソフトを購入する程ではないけど、自分が描いている家のイメージをもっと的確に伝えたい!という施主は多いはず。

特に女性は仕事でワードやエクセルは使い慣れてるけど、CADは使ったことなくて…という方が案外多いと思います。

せっかくワードやエクセルが使えるなら、ワードやエクセルを使って自分が住みたい家の間取りや設計図を作ってみませんか

エクセルで家の図面を描いてみよう

家作りの打ち合わせで、イメージや要望を正確に伝えたいけれど、我が家はCADがなかったため、使い慣れたエクセルで家の図面やイメージ図を作りました。

パソコン エクセルのイラスト

なぜエクセルで図面を作るのか?

Microsoft Officeに入ってるソフトの中で、どうして表計算ソフトであるエクセルをわざわざ使うのか?と思われるかもしれませんが、エクセルは図面を作るうえでとても便利な機能を持っているからなのです^^

枠線が入っている

表計算ソフトだから当たり前なのですがww

縦横に枠線が入っているので、これを正方形になるように設定すれば、方眼紙のように使えます。

ワードにもグリッド線を表示する機能がありますが、ワードを敬遠したい理由があるので下でご覧ください(^^;

豊富な図形

元々エクセルに組み込まれている図形、基本的な四角形や直線以外に吹き出しや星形など様々な図形が用意されています。

エクセルの画面の画像

 縮尺が自由に設定できる

エクセルは内容に合わせて自由に縮尺が設定できるので、CADのように用紙のサイズにとらわれずに図を描くことができます^^

一方ワードでは、ページ設定で設定した用紙サイズに合わせて図を描かないといけないので、場合によっては絵が細かくなってしまいます。

エクセルはズレない

そう、エクセルはズレません!

なので、安心して時間をかけて図面を作成することができます^^

ワードのグリッドから図形がズレる問題

私がワードが図形描画に向かないと思ってる最大の理由なのですが、ワードはグリッドに合わせて図形を描いてるにもかかわらず、ちょっとした拍子にグリッドから少しズレるんです。。。

基準にしているグリッドから図形がズレてしまう…仕事をしていた当時何度もこれで発狂寸前になりました( ̄▽ ̄)
今は改善されてるんでしょうかね?

ワードはワードで良いところもあるんですが、これだけは許せません(>_<)

手描きじゃダメなの?

手描きイラストでも打合せには十分です。

でも打合せの度にコピーして渡すというのも、度重なると面倒に感じるかもしれません。

また、複数のプランを同時に検討する場合、手描きではかなり手間がかかりますが、エクセルならコピー&ペーストで図形を複製することが簡単にできます。

また、エクセルならメールに添付して連絡できるので、打合せの日を待たずにこちらの要望をいつでも伝えることができるのです(*'ω'*)

 

とまぁ、図面作成にエクセルをおすすめする理由をいろいろ書いてきましたが、今日はこの辺で…

つぎは実際に図面を描く手順について説明しますので、よかったら以降の記事もご覧ください↓

エクセルを使った間取り図の描き方は「もっと!Excel:エクセルで作れる簡単な間取り図」でご覧いただけます。