ちょっと曲がった家

おもに家と庭についてのブログです。。。

下屋の自転車置き場にして良かった

田舎暮らしだけど夫婦で車1台という我が家、家を建てるにあたり私の希望で自転車置き場を検討しました。

(私が家づくりで参考にした『片づけの解剖図鑑』にも、自転車置き場の重要性が書かれていますよ^^)

設計士さんと相談して出した答えは、下屋を自転車置き場にすることでした(*'ω'*)

(下屋とは、母屋から差し出して作られた屋根のことを指します)

下屋の自転車置き場

建物に併設した自転車置き場の図

上の図の丸で囲んだところが、自転車置き場です。

建物を二階建て一部平屋という作りにし、一階の屋根を延長して下屋を作ってもらいました。

手前の壁をL字型にしてもらい、外からは見えにくくなっています。

減額調整で生き残った自転車置き場

はじめの計画では、敷地いっぱいを使って自転車置き場兼自宅卓球場を作る予定でした。

コスト削減で卓球場をやめた結果、自転車置き場だけが残ったのです(;^ω^)

当時、私が描いて送った減額調整の案↓

コスト削減のプラン

自転車置き場を残せて本当に良かった( ;∀;)

コスト削減の詳しい内容については『我が家のコスト削減案』でご覧ください。

作ってよかった自転車置き場

下屋に自転車置き場を作って良かったのは、なんといっても家の外観を損なわないことです(*'ω'*)

分かりやすい写真がなかったので、建築中(2015年 完成前)の写真↓を引っ張り出してきました。

f:id:toniho:20200528180509j:plain

住居と一体なので、自転車置き場が変に浮いたりせずデザイン的にも良いアクセントになってます。

ちなみに、壁を三方にしなかったので固定資産税はかかりません( ̄▽ ̄)

自転車置き場外観

広さは4畳半ぐらい
写真では私と娘の自転車2台が並んでますが、詰めれば4台は止められます(*'ω'*)

この下屋にキッチンの勝手口がつながっているため、ゴミ出しも便利( ̄▽ ̄)

自転車置き場

家とL字の壁でしっかり守られているので、台風でも自転車は倒れません

重ねられた段ボール

保管中の大きな段ボール3箱、、、楽天で注文した花壇用の土です。

屋内には置きたくない荷物も、下屋なら安心して置いておけます^^

自転車置き場は設計段階で要検討

家の設計時に自転車置き場は考えない…という施主が案外多いようですが、カーポートなどと同じく自転車置き場は家の外観を左右する大切な要素だと思います。

今後いっさい自転車は乗らないと確定していれば別ですが、通学などで自転車が必要になる可能性があれば、ぜひ自転車置き場をゾーニングに組み込んでおくことをお勧めしたいです。

自転車置き場がない家

新築なのに、自転車は家の軒下や駐車場の空きスペースに放置という家をかなり多く見かけます。

自転車を野ざらしにすると、サビて自転車の寿命も短くなります(*_*;

自転車も1台なら何とかなっても、複数あると置き場所もとります。

いくら外観にこだわったオシャレな家でも、ママチャリや子供用自転車が乱雑に置かれてたら、家の外観が台無しだと思います(;^ω^)

市販のサイクルポート

市販のサイクルポートをつけたり、カーポートの隙間に自転車を置いている家は、まだマシという感じでしょうか。

でも基本的に丸見えな上に、吹き込む雨はあまり防げないので、保管場所としてはお勧めできません。

関連記事

toniho.hatenablog.jp

toniho.hatenablog.jp

toniho.hatenablog.jp