ちょっと曲がった家

変形地×設計事務所で、思い通りの家を建てました!

地面の下は残留物だらけ?

Kさんの庭のいらない植物第2弾が来る事になったので、植える場所付近を掘ってるのですが、手ごわいに手を焼いてます(>_<)

土の中の邪魔者

掘り出されたコンクリートガラや石

10~20cmほど掘れば、ざくざく出てくる石やコンクリートの塊
上の薄いピンクがダイソーのスコップの先です。大きさが分かるかな?

土中の板状になったコンクリート

Kさんから貰うユキヤナギを植える予定の場所には、庭石みたいな物体が埋まってます。

後で調べてみると、板状になったコンクリートに付着した土の塊でした。

重なり合った板状コンクリート

これは門の裏側(バラの横)

10cm掘ったらコンクリートの板みたいなのが出現(>_<)

青で囲んだ方は上記と同じタイプでシャベルで砕ける程度ですが、下の赤丸の方はゴロッとしてるようで、後日また調べてもらう事になりました。

コンクリート塊はなぜ?

ネットで検索しても、ある程度は石やガラが出てくるのは当たり前みたいなんですが、さすがにひどいのでは…と思い、設計士 Kさんにメールで相談してみました。

Kさんが知る限り工務店が水道やガスの配管をした時は、支障が出る程の障害物は出なかったそうですが、私がたまたま掘った穴が2か所とも大当たりだったんでしょうかね?

この土地自体が古い材木屋の作業場だったので、多少は変な物も埋まってるだろうとは思ってましたが…これってどこに言えばいいんでしょう?

地面の下の残留物って、どこの責任で処分するのが普通なのかな…土地の売り主?買い主?施工業者???

コンクリート塊の正体

Kさんに見てもらったところコンクリートの正体は、外構の基礎を作った時に余ったコンクリートを放置したモノか、基礎から地中にしみ出したモノではないか…という事が分かりました。
(そういえば、外構工事の時にコンクリートを練った道具をこの辺りで洗ってたような気がします)

結局、後日現場監督さんが見に来て、掘り出した残留物(土嚢袋5つ分)を回収してくれました(;^ω^)

あとがき

掘っても掘っても出てくる残留物(コンクリートガラなどのゴミ)には、本当に手を焼きました。(今も完全に無くせた訳ではありません)

当時を振り返ってみて思うのは、残留物の処分は庭づくり初期にしておくのが大正解!ということ。

庭づくりを始めると、いきなり木や草花を植えたくなりますが、植物を植える前の更地のときに土壌改良しておく方が圧倒的に楽なのです。

あと、残留物の処分もとても厄介です。

庭から出たコンクリートガラや石などは、基本的に自治体のごみには出せないので、産廃業者へ処分を依頼するのが通常の処分方法になります。

しかし産廃業者は扱う単位が大きく、家庭から出た程度の数十キロのゴミ処理はかなり割高になってしまいます。

それなら、建築業者に点検のついでに処分をしてもらうほうがずっと楽でお得だと思うのです。

新築後1年ぐらいなら建築業者にも処分を依頼しやすいのですが、あまり時間が経過すると、お願いしたくてもできなくなるので、庭を造られる予定の方は速やかに行動に移されることをお勧めします(;^ω^)

関連記事

その後の残留物との戦いはこちら↓

toniho.hatenablog.jp

toniho.hatenablog.jp

庭の土壌改良は続きます↓

toniho.hatenablog.jp