ちょっと曲がった家

変形地×設計事務所で、思い通りの家を建てました!

見積額確定!ぎりぎり予算内に収まりました

昨日、T建設の再見積りが出ました。

見積書のイメージ

結果、税込2400万円で金額確定Q(・∀・)ノ゜サァー!!

うちの希望金額(2400万円)に無理やり帳尻を合わせてくれたようです。。。

設計士 Kさんも「卓球場と玄関の変更が大きかったけど、残り50万円下げるのにかなり苦労したみたい」って言ってました。

工務店側も無理して出した金額なので、仕様を下げてもこれ以上の値引きは一切しません!との事でした(^^;

見積から外したもの

コスト削減案で変更したものをまとめてみました。

  1. 卓球場をやめて、自転車置き場だけに変更
    この項目だけで、卓球場建築代金約250万円のコストを削減できました^^

  2. 玄関位置を変更し、庇や土間コンクリートを削減

  3. サッシの変更・削減
    キッチンの上窓1枚削減、居間の掃き出し窓を1.5間から1間へ縮小

  4. 造作建具の削減
    ダイニングの間仕切り1枚とウォークインクローゼットの押入れ襖を削減

  5. 内装仕上げの変更
    和室の天井を板張りからクロス張りに変更

  6. 外装仕上げの変更
    ガルバリウムを安いタイプに変更

  7. 設備機器の変更
    キッチンをリテラ⇒エーデルに変更*1、洗面器具の水栓をグローエに訂正

  8. 一部の照明を施主支給
    2F主寝室・子供部屋・納戸の照明を施主支給
    スイッチ・コンセントは、パナソニック東芝に変更
    (これは使い勝手優先の変更のため、価格は変更なし)

  9. 高額な給排水工事費の見直し
    不要な工事費用が70万円分も含まれていました。
高すぎた給排水工事費用

素人の私では気付かなかったのですが、見積明細で給排水工事費がやたら高かったそうです(^^;

指摘した設計士 Kさんによると、給排水工事費が高額になったのは、下請け工事の担当者が現地調査をせずグーグルアースを見て見積もったのが原因だったそうで、そんなテキトーさで見積してる事にビックリw(°o°;)w

Kさんが不自然な金額に気付いてくれたから良かったけど、気づかなければ無駄なお金が70万円も発生してました(>_<)

全部が全部そんなトコばっかりじゃないと思いますが、建築業界ってほんとうにドンブリ勘定なんだなぁと改めて実感。。。

まぁ、その大雑把な見積のお蔭で蓄熱暖房機やエアコンも見積金額に含まれているので、あながち悪いばっかりじゃないんでしょうけど(^^;

関連記事

コスト削減の内訳

toniho.hatenablog.jp

toniho.hatenablog.jp

*1:結局、後になって予算に都合が付き、リテラが復活しました。