ちょっと曲がった家

変形地×設計事務所で、思い通りの家を建てました!

憧れたのはハーフユニットバスのお風呂

家づくりを始めた時に参考にしていたブログで、結構高い割合で採用されていたのがハーフユニットバスのお風呂でした。

木の香りのするユニットバス

ハーフという言葉の通り、浴槽から下の半分がユニットバスで、上は好きなように造作できるのです。

ハーフユニットバス木製

普通のユニットバスって、設備はやたらゴージャスな割に壁や床はなんだか味気ない気がしてたんです。。。
かといって、実家のような在来工法のお風呂は冬が極寒なので却下(>_<)

手入れが楽なユニットバスと、自由に作れる在来工法との良いとこ取りができるハーフユニットバスがベストなのでは?と思っていました。

「木の香りがするお風呂っていいな~」という憧れだけで、設計士のKさんにハーフユニットバスで木の風呂を作ってほしいと提案したのは良かったのですが…(;^ω^)

ハーフユニットバスの2大メーカー

ハーフユニットバスを製造販売しているのは、TOTOと日比野化学工業という二つのメーカーがあります。

日比野化学工業はあまり聞きなれない社名ですが、ホテルのユニットバスや介護用のお風呂などを手掛けているメーカーです。

参考サイト>>>ハーフバス08 | 浴室 | 商品情報 | TOTO

   日比野化学工業株式会社

ハーフユニットバスは価格で玉砕!

見積もりを依頼したTOTOショールームが出してきた金額は、ハーフユニットバスの金額だけで普通のユニットバスが楽々買える金額(当時でも定価は100万円以上)でした。

ハーフユニットバスに加えて壁や天井の造作の費用が掛かってくるんですから、多分お風呂だけで200万円以上の予算を取っていないと作れないんじゃないかなぁ。

当然ながら、うちはそこまでお風呂にかけるお金も無く…きっぱり断念いたしました。
いや~、さらっと皆さん公開してるけど、実はすごくお金かけてるお宅ばっかりなんですね(^^;

ハーフユニットバスは性能よりデザイン優先

それとTOTOのハーフユニットバスは、今や当たり前となっている浴槽の断熱がされていないという事もショックでした。

魔法瓶浴槽に対応してないのに、この値段?

いくらデザインが良かったとしても、性能が劣っているのに高価なモノを買う余裕は私にはありません。

憧れだけじゃ家は建たないんですねぇ(-。-)y-゜゜゜

ハーフユニットバスを諦めて、ユニットバスを検討した記事はこちら↓

ユニットバスの検討(TOTO編)

ユニットバスの検討(タカラスタンダード編)

結局我が家は、タカラスタンダードのユニットバスを採用しました(*'ω'*)