ちょっと曲がった家

変形地×設計事務所で、思い通りの家を建てました!

トイレはやっぱりTOTOで

新居にはTOTOのトイレを入れようと思います。

トイレのメーカーというと、リクシルTOTOぐらいしか思いつかないのですが、なんとなく自分のお尻にはリクシルのトイレの便座の形状が微妙に合わないと感じるんですよね(^^;

高機能なトイレはいらない

私は自宅トイレには、贅沢な機能は要らないと思っています。

基本的に用を足して流せればOK。

ウォシュレットもいらない。
でも便座が冷たいと辛いので、暖房便座はつけたいかな(;^ω^)

便座の自動開閉や自動洗浄などの便利機能は、年を取って体が動かなくなってからで十分だと思うのです。

あと、娘が高機能トイレに慣れてしまって、学校などの最低限の設備のトイレを嫌がるようになるのも困るかな…というのもありました(;^ω^)

ウォシュレットにしない理由

もともと社宅のトイレに無いモノなので「別に無くてもいいか~」とww

ウォシュレットを付けてもきっとあまり使わないと思ったのと、なにより掃除が面倒くさいからです。

タンクレストイレもいらない

トイレ自体に見栄えを期待していないので、もちろんタンクレストイレは対象外です。

実用品であるトイレに美しさやデザイン性を求める…ゴメンナサイ、正直よく分かりません( ̄▽ ̄)

選ぶのは堅実なトイレ

我が家のトイレは、TOTO ピュアレストEXと暖房便座・ウォームレットSの堅実なコンビとなりました。

TOTOビュアレストEX

ピュアレストQRの方がお安いんですけど、便器の後ろの凹凸にカバーがされてないのでホコリが溜まりそうだったから、ここだけは奮発しましたww
EXとQRの違いは、カバーの有る無しだけなんですけどね(^^;

本当はTOTOのGG-800のデザインが好きだったんですけど、ウォシュレット一体型という事で見送りました。

TOTOGGシリーズ

この手洗いの曲線、すごく可愛いくないですか?

子供でも手洗いしやすい高さに設計されてて、使い心地も良さそうですよね。
でも、お値段もそれなりにお高いので選びませんでした(^^;

出来上がりはこちら↓

toniho.hatenablog.jp