ちょっと曲がった家

変形地×設計事務所で、思い通りの家を建てました!

苦労した土地探しと、家づくり始動

「自分たちの家を建てよう!」と決めたまではよかったけれど、土地探しはかなり苦労しました(^^;

【土地探し初期】とりあえず不動産屋めぐり

手始めに地元密着の不動産屋を中心に、聞き込みから始めましたが、希望している地区は古い住宅街だったため売地自体が非常に少なく、不動産屋に行ってもよその新規分譲地を勧められるような状態でした。。。

立地優先

住んでいる社宅が比較的住みやすい環境だったため、今の地域からなるべく変わりたくないという希望がありました。

私が住んでいる香川県は、車は一人一台が当たり前の田舎です。

公共交通(電車・バス)は便利とは言い難く、当時ペーパードライバーだった私は自転車で問題なく生活できる環境が必須条件でした

ネットの土地は売れ残り

自分でも探そうとネットで土地情報を探してみましたが、ネットに載っているのは見るからに売れ残りの土地ばかりでした(^^;

売り土地のイラスト

焦った私は、手当たり次第地元の不動産屋へ聞いて回りましたが、いずれも「この校区は土地が出ない」と言われるばかりでした。

ようやく出た土地なのに…

土地探しを始めて1か月半、しつこく問合せていた不動産屋から売り出し前の土地情報を貰う事ができました(*'ω'*)

が、その土地は100坪を超える大きな土地の為、2件に分筆したらウチが半分買うという話で進めていた矢先、丸ごと買い取るという買い手にあっさり奪われてしまったのでした(TT)

家づくりの疑問続出

初めて土地が決まりかけて、やっと「どこで建てる?資金はどうする?」といった具体的な疑問がわいてきました。。。

今思えば、驚くほど無知な状態で家を建てようとしてたって事ですね(^^;

正直、あの土地を逃して本当に良かったと思います。
そうでなければ、恐ろしいほど無知で不勉強なまま家作りを始めていたので(;^ω^)

【土地探し中期】家づくりのエンジン始動

やっと本気で土地の良し悪し、予算、自分が建てたい家、家づくりの段取りなどについて勉強するようになりました。

図書館で建築や家づくり関係の本を借りて読んだり、家作りのサイトやブログを読みまくりました。
もう、頭の中は家づくりの事でイッパイでしたね。。。

参考になった家作り本

手当たり次第読んだ家作り本の中で、本当に参考になった本を紹介しますね^^

家づくりを何から始めたらよいのかすら分からない…という人に特におススメ↓

toniho.hatenablog.jp

せっかく家を建てるなら、収納だってこだわりたいという人向けの本↓

toniho.hatenablog.jp

自分なりの基準づくり

様々な情報の中から自分がひっかかるものを選別していくと、次第に自分の基準が出来てきました。

好きな家のイメージ

どんな系統(洋風or和風など)で、どんな外観・インテリアの家が好きなのか?
自分なりに要望を書き留めて、最終的に要望書にまとめました↓

toniho.hatenablog.jp

住みたい土地の条件

住んでいる社宅を基準にして、どういった土地が良いのか?を考えてみました↓

toniho.hatenablog.jp

家づくりの予算

新築の予算をざっくり出したうえで、建物と土地それぞれにかけられる金額を考えてみました↓

toniho.hatenablog.jp

どこで建てるのか?

土地探しと並行してハウスメーカー工務店を積極的に探しはじめました。
その辺りについては、こちらの記事でご覧いただけます↓

toniho.hatenablog.jp

toniho.hatenablog.jp

手詰まりの土地探し

土地を逃した後、ぱったりと不動産屋さんから情報がなくなりました。

仕方ないとはいえ、諦めきれない私は「こんなに空き地だらけなのに、何で売ってないんだろう?」と考えるようになり、空き家や空き地を見つけては「ココ売りに出てませんか?」と不動産屋に聞きに行くようになりました。

不動産屋にしたらかなりメンドクサイ客だったに違いありませんが、本当にこの時期は土地探しに必死!で、暇さえあれば空き地を求めて自転車で走り回ってました(^^;

お陰でネットで土地情報を見かけてもグーグルアースで付近を調べれば、大体の雰囲気は分かるほどになってました( ̄▽ ̄)

【土地探し後編】チャンスは突然やってきた

2013年11月、ふらりと初めて行った不動産屋(M開発)で探している地域に大型の分譲地が出るかもしれないという噂レベルの土地情報を教えてもらったのです。。。

教えてくれたのは「私が希望する地域にある材木問屋の土地が、大型分譲地になりそうだ」というものでした。

その材木問屋の土地というのは、別の不動産屋でも以前マンションの開発計画がとん挫したという事で聞いたことがありました。
しかも、その材木問屋は住んでいる社宅の前にある川の向かい岸にあるのです(;^ω^)

材木問屋の土地

その材木問屋(S木材)は事務所も閉鎖されて既に廃業している様子ですが、かなり古くからある会社(明治時代に設立)らしく、加工場併設の広大な敷地を持っていました。

希望地域内で手に入れられる土地で、これ以上良い条件はない!というのはすぐに分かったので、M開発さんには「必ず買うので、待ちます!」という事を伝えて情報収集をお願いしました。

我が家が選んだ土地はこちら↓

toniho.hatenablog.jp