ちょっと曲がった家

変形地×設計事務所で、思い通りの家を建てました!

わたなべぽんさんの本:自分を好きになりたい。

漫画家のわたなべぽんさんが、自分嫌いを克服するために試したことをまとめたコミックエッセイです。

漫画なので軽く読めてしまいますが、実際にはプロの精神科医が行うようなカウンセリングを自分自身が行っていて、とても深い心の傷に真剣に向き合って描かれた作品なのだと思います。

自分を好きになりたい。 自己肯定感を上げるためにやってみたこと わたなべぽん

自分を好きになりたい。 自己肯定感を上げるためにやってみたこと わたなべぽん

作者のぽんさんは、実の母親から虐待を受けて育ち、自己肯定感が低い(=自分が嫌い・自信がない)ため様々な生きにくさを感じてきたようです。

ステージで歌うことになり、自分に自信がないというぽんさんに「(心の中で自分をけなすのは)自分で自分をいじめている」「自分だけでも自分の味方でいてあげて」とジャズの先生がかけた言葉が印象的でした。

漫画の中では、ぽんさんの前に現れた”小さい頃の自分”が様々なつらい気持ちを訴え、ぽんさん自身が親代わりになって可愛がり、様々な気付きを得ていきます。

”小さい頃の自分”(インナーチャイルド)が訴える事に一つ一つ向き合い、慰めることで自己回復を図り、自己否定感が薄れ、自分を好きになっていく過程が丁寧に描かれています。

特に回復のきっかけを描いている2話が素晴らしいです。

10話『誰かを許せなくても幸せになっていい』

母親に親孝行したくないという自分は悪いのか?と、罪悪感を感じるぽんさんに対して「許せなくてもいい」と言い切る夫。

他人を許すことと、自分で自分の人生を幸せにしていくのは別のもので、それぞれ両立できるのだと明快に言い切ってくれます。

11話『「良い思い出」を思い出せた』

幼いころの母親との思い出に良いものなんて無い…と思っていたら、「良い思い出は、親を憎めなくなるから思い出したくない」とインナーチャイルドが記憶を封じ込めていた。

繰り返し嫌な記憶を思い出し、その度に母親を憎むことで、傷ついた心を慰めていたと知りますが、それも必要な回復過程だったということ。

母親との良かった記憶も思い出すことで、過去の恨みや苦しみから解放されるきっかけを得られたのだと感じました。

自分を好きになりたい。|わたなべぽん|本|Amazon

わたなべぽんさんのコミックエッセイが好きです(*'ω'*)

のほほんとした絵と伝わりやすい言葉が、親近感を感じるんですよね。

話題になったダイエット本『スリム美人』シリーズ*1や、『やめてみた』シリーズ*2も、すべて自己肯定感を得るためにやっていたことなのだと納得しました。

*1:95kgだった作者が、スリム美人の生活習慣をマネすることで35kgものダイエットに成功した体験をまとめた本

*2:あるのが当たり前と思っていた物や習慣を見直すことで、生活にゆとりや新たな豊かさを生み出した体験をまとめた本