ちょっと曲がった家

妻主体で始めた建築家との家づくり(2015年完成)と、その後の庭づくりや日常生活を記録したブログです。

ネットの正体が分かる本

日々 ブログを書いたり読んだり、それこそ食事と同じくらい毎日当たり前に接しているネットの世界ですが、自分は正しくネットと付き合えているのか?というと、正直なところは分かっていませんでした。。。

11歳からの正しく怖がるインターネット 大人もネットで失敗しなくなる本 小木曽健

11歳からの正しく怖がるインターネット 大人もネットで失敗しなくなる本 小木曽健著

 著者は、ネットの安全な使い方について講演をしているIT大手の社員で、この本は講演に来られない人にも知ってもらうために書いた本だそうです。

小学生でも十分理解できる内容ですが、本当はネットが一般的になる前からの大人、特に十分理解しないままなんとなくネットをしている保護者や先生に読んでほしい内容になっています。

 ネットに書き込むという行為は、渋谷のスクランブル交差点で個人情報を書いたボードを掲げて立ってるようなもの

目に見えない曖昧なネットの世界を、TVで誰でも一度は見たことがある渋谷のスクランブル交差点にたとえ、そこでどのように情報が取り扱われるのかが的確に表現されてて、とても分かりやすかったです。

SNSとの付き合い方や炎上した場合の対処法まで載っているので、ネットデビューしたての危なっかしい中高生には読ませておいて損はないと思います。

11歳からの正しく怖がるインターネット 大人もネットで失敗しなくなる本|小木曽健|本|Amazon

私自身、良く分からないままネットを使い始めて早20年以上が経ちました。
大きなトラブルこそ無かったけど小さな諍いや失敗はたくさんしてきました(^^;
幸い取り返しのつかないような事態にはならなかったものの、やはりネットは便利な反面、間違って深入りすると大変な目に合う恐ろしいものという漠然としたイメージでしか認識してませんでした。。。

この本を読めば『ネットは、しっかり注意するポイントさえ押えとけば、それほど怖がる必要は無い便利なツールである』ということが理解できます。

この本は、スマホを子供に与える前に親子で必ず読んでほしいと思います(*'ω'*)