ちょっと曲がった家

家づくりとその後の庭づくりや日常生活の記録のブログです。

家づくり:玄関は少しの見栄とコスパが大切

私が家作りをしていた2015年ごろに流行したのが『家族用玄関』『ファミリー玄関』というものでした。

家族用玄関は本当に必要?

店舗併設の住宅を除いて、家1軒で玄関一つが当たり前だったのを『お客様用玄関』と『家族用玄関』を作ろうという斬新な発想がもてはやされていました。

大体のイメージはこんな感じ↓

ファミリー玄関の間取りの例

玄関自体を2つ作るパターンもありますが、多くはドアは一つで広めにとった玄関土間から別のルートで家に入ってもらう…というのが主流でした。
日常生活で汚れてしまう玄関を、来客時も綺麗なままキープしたい!と考える施主が多かったようで、私が知っている範囲でも採用しているお家がありました。

ただ、これって日常的に来客が多い家でない限り、コスト的にもスペース的にも大変な無駄になってしまうんですよね(;^ω^)

自宅で何か教室でもしていない限り、そう年がら年中来客(しかも綺麗な玄関に通す必要があるレベル)が来る家の方が少ないんじゃないでしょうか。。。

さらに勿体ないのが動線です。

滅多に来ないお客様が最短ルートを通り、普段使う家族は迂回を強いられてしまうパターンが案外多いのです。
もちろん、キッチンやウォークインクローゼットに直結する工夫をしている間取りも多いですが、主婦以外のほとんどの家族が帰宅して直行したいのは、まずリビングじゃないでしょうか(;^ω^)

結局、土地とお金に余裕がある人はお飾りの玄関を作るのも良いけど、そうじゃないなら、二つ目の玄関用スペースとコストは他に回した方がきっと後悔しないと思います。

実用第一&ちょっぴり見栄を張った玄関

そういう我が家はどうしたか?と言うと、実用性とコストを重視+ちょっとだけ見栄を張ったww玄関を作りました( ̄▽ ̄)

玄関の全景写真

半畳の靴入れを入れて1坪、狭すぎず広すぎずの丁度いいサイズ
引き戸1枚でダイニングとつながっています。。。

靴入れの画像

半畳の靴入れ
隠れている左側にはコート掛けも付いています。

台形の上がり框

こだわったのが、上がり框の形と埋め込みポスト(写ってないけど)
上がり框を斜めにした理由は、長方形より靴が1足多く並べられるから(^^;

ちょっとだけ見栄を張った和紙建具

ちょっぴり見栄を張ったのは、もちろんココ↓

りくうの和紙を使った建具

あの時NHKりくうの和紙を見なかったら、ただの壁になってたかもしれない(汗)
和紙建具はいろいろ苦労したけど、採用できて本当に良かったと思っています(*'ω'*)