ちょっと曲がった家

家づくりとその後の庭づくりや日常生活の記録のブログです。

水切りカゴをコンパクトにしてみた

食洗器を置いていない我が家にとって、水切りカゴは無くてはならないアイテムなのですが、思う所があって無くせるかなチャレンジをしてみました。

水切りカゴ無くせるかなチャレンジ

『無くせるかなチャレンジ』とは、断捨離したいターゲットを一定期間「無いもの」として生活してみて、無くしても大丈夫かどうかを判断するシミュレーションのことです(;^ω^)

現状の水切りカゴ

キッチンで使っている水切りカゴは、旧居から引き続き使っているSUIです。
奥に入れているお皿立ては、付属品ではなかったのですが捨てるのが勿体ないので使っているものです。

水切りカゴを置いているシンクの様子
大き目で鍋やフライパンもバンバン置けるのが気に入っていましたが、新居では蛇口に干渉するのが気になってました。。。

100均の棚を水切りカゴ代わりに

とりあえず手持ちで水切りカゴの代わりになるものを探した結果、お皿立て+100均の折り畳み棚の組合せにしてみました。

100均の折り畳み棚を水切りに使った例

一気にスッキリ広々して圧迫感が解消(*'ω'*)
このままでもイイかな~と思ってたのですが一つ問題が…

100均の折り畳み棚を水切りに使った例

サイズダウンと共に容量も大幅にダウンしました。。。

周囲にカベとなるものが無く、食器を平置きするしかない+積み上げに限度があるので、目一杯置いても上の写真が限界です(^^;

あと、水切りポケットを支えるものが無いので、手を引っ掛けたりバランスを崩すと下に落ちてしまうのです。
この写真を撮る前にも水切りポケットをひっくり返していますww

採用したのは無印のカゴ

水切りポケットを倒さない+サイズダウンの両方を叶えたのが、無印良品のステンレスワイヤーバスケット3でしたQ(・∀・)ノ゜サァー!!

無印良品のステンレスワイヤーバスケットを水切りに使った例

無印にした訳は、素材に上質なステンレスを使ってるから。
お値段はその分高いけどね(-_-;)

粘着ソフトクッションの画像

底面の水濡れ防止のために、足を付けました。

無印良品のステンレスワイヤーバスケット+粘着ソフトクッションを水切りに使った例 無印良品のステンレスワイヤーバスケット+粘着ソフトクッションを水切りに使った例

本来は戸当たり防止クッションなので、いつまで持つかは不明です(^^;
今のところ水にぬれても剥がれることなく使えています。

無印良品のステンレスワイヤーバスケットを水切りに使った例

ある日の様子
朝食の食器とコンロの五徳や中華鍋などてんこ盛りww

水切りカゴを見直して生まれたスペース

蛇口からの距離をピンクで表しました。

水切りカゴを置いたパターン 100均棚を置いたパターン

無印良品のステンレスワイヤーバスケット+粘着ソフトクッションのパターン

ホンのちょっとした差ですが、体感的にはすごく使いやすくなりました^^
分かったのは、今までの水切りカゴが大きすぎたってことですね(;^ω^)

水切りカゴは捨てずに、野菜入れにでもしようかと思ってます。。。