ちょっと曲がった家

家づくりとその後の庭づくりや日常生活の記録のブログです。

エクセルで作る:かんたん間取り図

このブログで使っている間取り図や造作の設計図は、設計士さんが描いた図面を元にしてエクセルで描きました。*1
ひとつ描いておけば、家の打合せ資料やブログの画像wwなど色々なことに転用できたので、面倒でも自分で描いておいて良かったなと思ってます(*'ω'*)

エクセルの間取り図の描き方

エクセルで簡単に間取り図を描く方法を説明しますね。。。
あくまで建築ど素人が描く間取り図ですので、通し柱とか耐震壁などは全く考慮しておりません(;^ω^)

図面を描く準備

まず方眼紙のシートを作ります。

行の高さ設定の画面 列の幅設定の画面

適当な範囲の行の高さ20/列幅を2.75に設定します。
詳しい設定方法はこちら→

基準を決める

まず始めに1マスをどう使うかを決めます。
単純ですが、図面を描く上ではとっても大切なのです(;^ω^)

間取りのピースを描いた図

↑の例では、4マスを1P(ピッチ)に決めました。
1P=半畳、1畳・2畳(一坪)・4畳半・6畳のピースを作ります。
ついでに言うと、2畳は標準的なユニットバスの大きさ(1616サイズ)です。

部屋を配置する

ハウスメーカー工務店から貰った平面図があれば、参考にしながら部屋ごとの大きさに合わせて図形の四角を配置していきます。

全くの白紙から間取り図を描く場合は、水回りと玄関から配置を考える*2と、結構まとまりやすいように思います。

我が家を元に『ちっとも曲がってない家』の間取り図を考えてみました( ̄▽ ̄)

間取りのゾーニング図

別に部屋ごとに色を変える必要はないのですが、分かりやすいようにww
白く抜けているところは、階段や廊下になります。

間取りの描き方 部屋わけ

部屋の説明を加えると、さらに間取り図っぽくなります。

壁を描く

分かりやすいように、太めの線で壁を描いていきます。

間取りの書き方 壁を描く

窓や出入り口は無視して、大まかに囲ってしまいましょう。

間取りの描き方 仕切り壁

外側が描けたら、部屋の間仕切り壁を描いていきます。
家の中の出入口は決まっていたら、反映させましょう。

開口部を付ける

ちょっと面倒ですが、線を引きなおして窓とドアを付けます。

間取りの描き方 開口部

↑の図は、手抜きして引き戸や窓の線は省いてしまい、ドアを直線と曲線を使って描いています(^^;
これだけでも間取り図として、結構わかるもんですね。。。

間取り図の完成

システムキッチン・浴槽・家具などを描き加えると更に伝わりやすい間取り図になると思います。

エクセルで描いた間取り図完成

『ちっとも曲がってない家』の間取り図が完成( ̄▽ ̄)

ワードで作る場合は、方眼紙をグリッドに置き換えれば、同じ手順で間取り図を描けると思います。

私信:たよらこ(id:tayorako)さん、お待たせしましたww簡単ですが、こんな書き方でいかがでしょう?(;^ω^)

*1:設計士さんに了解を取らずに図面の画像をそのまんま使うと著作権とかにひっかかるかも…と思い、念のため自分でイチから描きました。

*2:土地によって、玄関の位置が大体決まります。水回りもまとめられることが多く、余程斬新な設計でない限りは、バラバラにはしないものなのです。