ちょっと曲がった家

妻(ブログ書いてる私)が主体になって、建築家と二人三脚で頑張った家づくり(2015年完成)と、新居での庭づくりや日常生活を記録したブログです。

読み物:世界のへんな肉

タイトルと表紙のイラストに惹かれて、図書館で借りました。。。

世界のへんな肉 白石あづさの本

世界のへんな肉 白石あづさ著

 世界中を放浪した著者が、日本では食べることがない動物のお肉を食べまくったレポートです。

日本では動物園でしか見られない珍しい動物や保護されている希少動物だって、現地へ行けば普通に食肉として流通してたり、世界にはまだまだ実際に行かないと分からないことが多いんだなぁ…と(;^ω^)

旅行記って、読みにくい文章の物が少なくない(あくまで個人的な意見です)のですが、この本はとてもテンポが良く読みやすいので、おしゃべり上手な友達の土産話を聞いているような感じで読めました。
文章の合間に添えられた著者手書きのイラストもとても面白く、現地の人達のユル~い空気も伝わってきますよ^^

世界のへんな肉|白石あづさ|本|Amazon

何か月もかけて世界を旅して回る…なんて、私には到底できません(^^;
第一言葉ができないし、その国の風習とか治安の状況を知らずに飛び込んでいく勇気なんてありません。

でも、著者の白石さんはそんな心配や不安を軽々と飛び越えて、現地のおっちゃん・おばちゃんと仲良く一緒にその土地のお肉をむしゃむしゃ食べちゃうんですよね~(羨)
味の美味しいマズいはあっても、基本的にどんな料理法でもお腹を壊していないようなので、本当にすごい胃袋の持ち主だと思います(;^ω^)