ちょっと曲がった家

家づくりとその後の庭づくりや日常生活の記録

プロリーブの水切りネット

こんなネタ、誰も細かすぎて書かないだろうなぁ…と思いながらも、ここ数年愛用している水切りネットを紹介したいと思います。

水切りネットとは

キッチンの排水口のゴミ受けカゴに装着するネットのことで、商品によって排水口ネットとか水切りネット、水切りゴミ袋など様々な名称が付けられています。

着けない方も多いようですが、カゴの目をすり抜ける様な小さなゴミや油分もしっかりキャッチするので、排水管詰まりを防ぐのに有効なアイテムだと思います!(^^)!

おすすめ水切りネット プロリーブの水切りゴミ袋

増量タイプが出てたので、迷わず100枚入りを買ってしまいました(^^;

発売元は全国家庭用品卸商業協同組合(プロリーブ)という団体。
調べると国内の様々な企業が合同で立ち上げた組合らしく、この水切りネットもPB商品のうちの一つのようです。

この水切りネットがどうして絶賛愛用中なのかというと、不織布だけど目が粗めで水切れが良く、煮汁などに含まれる油分もしっかり繊維がからめとってくれるんです。
これにたどり着くまでいくつか試してきましたが、100均の不織布の水切りネットは目詰まりがひどくて水があふれたり、ストッキング状や網状の水切りネットは油分をそのまま流している感じがして中々満足する商品がありませんでした。

水切りネットの表面のアップ

表面はこんな感じ。
和紙みたいに繊維が適当な密度で絡み合っています^^

水切りネットの取付方法

うちは浅型のゴミ受けカゴがついているので、袋状の水切りネットを2枚におろして1枚ずつセットして使っています(*'ω'*)

排水口のかごにセットした水切りネット

見た目かなり貧乏くさいんですが、2倍使えてエコでイイんですww

排水口のかごにセットした水切りネット

横から見た図
ゴムで止めてから、ギャザーを作るようにして上の面をたるませるようにセットします。。。
このたるみが水と一緒に流れてきた細かなゴミをしっかり受け止めてくれるんです。

夕食の洗い物が終わったら水切りネットを取り外し、水分をギュッと絞ってからゴミ箱に捨てるだけ^^
水切りネットを外した後、ゴミ受けのカゴは排水口に戻さずにサッと水洗いしてシンクに伏せておけば、翌朝乾いたカゴに水切りネットを付けられます。

でも、日常的に水切りネットで予防していても、定期的なパイプ掃除は必要のようです(^^;