ちょっと曲がった家

家づくりとその後の庭づくりや日常生活の記録

トイレ収納を見直し

最近読んだ本で「収納の密度を上げる」という言葉を見つけ、引っ越し後一度も見直していなかった収納を見直すきっかけにしました。

トイレ収納のビフォーアフター

トイレ用品以外にも洗剤のストックなども入れているトイレ収納、住んでいるうちに物が増えてきて、詰め込んでいる割に無駄な隙間があって、収納の空間を上手く使えてないなぁって思っていたのです。

見直し後のトイレ収納上部 入居後のトイレ収納上部

左が見直し後、右が2年前の状態
写真が歪んでてごめんなさい(汗)

頑張れたのは下の2段だけ…上の段は疲れてテキトーになってしまいましたww
本当は棚を一段増やしたかったんですが、余分な棚板がなかったので、キッチンで余っていた折り畳みの棚を入れてみました。
これでもまだ余白が勿体ない気がする…(>_<)

見直し後のトイレ収納下部 入居後のトイレ収納下部

左が見直し後、右が2年前の状態

こっちは掃除用洗剤のカゴを入れ替えたぐらい(汗)
セリアで買ってきたカゴが足りず、ここで断念してしまいました。。。

古新聞入れにしている無印の段ボールも大分くたびれてるので、ちゃんとした物を用意しないといけませんね(^^;

造作棚の失敗

これは我が家だけの失敗かもしれませんが、大工さんが作ってくれた造作棚の棚板が必要以上に分厚いんです。
重い物なら頑丈な棚板の方が良いんですが、軽いもので細かく仕切りたい時には棚板の厚みがネックになる場合も(>_<)

あと、造作棚の棚板のサイズを統一していれば、余った棚板を別のところで使いまわせたのにな…と今になって気づきました。
なので我が家には余ってるけど、必要なところには使えない遊んでる棚板がいっぱいあるのです( ;∀;)

住んでみるまで分からなかったけど、棚板のサイズや厚みも設計時に細かく検討した方が良かったのかもしれません。。。