ちょっと曲がった家

家づくりとその後の庭づくりや日常生活の記録

庭づくり本:宿根草の選び方・使い方

カラーリーフ図鑑を読んでから、なんとなく山本規詔さんの本を意識して探すようになりました。。。

著者は山本規詔さんだし、出版社も家の光協会*1ということで、本屋で見つけて思わず買ってしまったこの本…宿根草ビギナーの私には丁度いい内容でした^^

庭をきれいに見せる宿根草の選び方・使い方 山本規詔

庭をきれいに見せる宿根草の選び方・使い方 山本規詔著

庭を作り始めて一年草を植えるだけじゃ思い描いている庭は出来ない…という事に、ぼちぼち気付いてきた宿根草ビギナー向けのガイドブックです。
なので深い知識を得たいマニアには物足りないかもしれません(^^;
とりあえず、広く浅く宿根草について知りたい人にはピッタリの内容です。

植物のフォルムによって「こんもり茂る」「直線的なライン」など大まかに分類をして植栽の解説しているので、私のような宿根草ビギナーにはとても理解しやすい内容になっています。
また、後半では分類・草丈別にお勧めの植物が図鑑形式で紹介されているので、
「直線的なライン」グループの腰丈くらいで暖地向け植物はあるかな…?
という風に宿根草の品定めができるのも、とっても便利でした(*'ω'*)

庭をきれいに見せる宿根草の選び方・使い方|山本規詔|本|Amazon

現在、私が悩んでいるのが「どうやって植物同士を組み合わせたら、本みたいなイイ感じに見せられるのか…」ということ(^^;
ベテランガーデナーが見たら「植え替えたら済むハナシでしょ」と笑われそうですが、植え替えで枯らしてしまうリスクを冒すくらいなら、変なままでシーズンを終えたいwwというくらい小心者なのです。。。
怠けモノともいいますね(^^;

上級者向けの山本さんの本はこちら↓

toniho.hatenablog.jp

toniho.hatenablog.jp

*1:同じ出版社から出ているマーク・チャップマンさんの本もおすすめです。