ちょっと曲がった家

家づくりとその後の庭づくりや日常生活の記録

2018年の恐竜フィギュア教室:ディプロドクス編

もはや恒例行事となっている、恐竜フィギュア教室に行ってきました(^^)v
3.5時間×2日間で、今回は大型の草食恐竜ディプロドクスを作りましたよ~

講師はおなじみの高松市在住の造形作家・竹内しんぜん先生です^^

5回目はディプロドクス

メジャーなティラノサウルストリケラトプスとは違い、名前を聞いただけではどんな形かすら分からないで参加したのですが、水辺で植物を食べる巨大な首長竜でした。
調べてみたら、全長が30mにもなるんですね(^^;

ディプロドクスの粘土フィギュア

のっしのっし

ディプロドクスの粘土フィギュア

首もしっぽも長い上に、お腹や足ががっしりしている象みたいな体形なので、粘土をつけてもつけても全然太らず造形に苦労しました。。。

今回は6割以上娘が頑張ってくれたので、私はフィギュアを固定して支えたり、竹内先生から動物園やフィギュア業界の裏話を聞いたりと結構楽させてもらいました(;^ω^)

ディプロドクスの粘土フィギュアのアップ

つぶらな瞳と柔和なスマイルがチャーミングww

ネコの粘土細工

後ろにチラッと見えてたのは、余った粘土で私が作ったネコです。。。
上手に粘土をこねてないので、あっちこっちひび割れてます(^^;

我が家の恐竜たち

3体並んだ恐竜フィギュアたち

上から時計回りで、スピノサウルス(2016年)、ディプロドクス(今回)、ティラノサウルス(2017年)
こうして並べてみると、引っ越しで処分してしまったトリケラトプス(2015年)と初代ティラノサウルス(2014年)が悔やまれてなりません(-_-;)

3体並んだ恐竜フィギュアたち

食べたろか~!!キャー!