ちょっと曲がった家

妻(ブログ書いてる私)が主体になって、建築家と二人三脚で頑張った家づくり(2015年完成)と、新居での庭づくりや日常生活を記録したブログです。

停電時に太陽光発電の電気は使えるのか調べてみた

北海道の大規模停電、長期化する地域もあるので、こういう非常時に太陽光発電は対応しているのか、気になったので調べてみました。。。

ちなみに我が家は太陽光発電システムを採用していません。
予算に余裕もなかったし、長期的に見て数百万円払いたいほどのメリットが見当たらなかったから。
ついでに言うと、オール電化住宅でもありません(^^;

停電で太陽光発電の電気を使える(事もある)

調べたところ、停電でも電気が使える太陽光発電システムはあります!(^^)!
が、使えるのって非常用コンセント1個*1だけなんですね(;^ω^)

自立運転コンセント

発電している日中のみ最大1500Wまで使える*2ので、計算しながらタコ足でやりくりすれば、家電を使ったり携帯を充電したりできるみたいです。

無知な私は、てっきりブレーカーで切り替えたら普通に電気が使えるのかと思ってました(^^;
太陽光乗せてても、夜に家の電灯は付けられないのか~(残念)

普通に使える場合も!

コメントくださったmisaさんとちばっしーさんによると、
発電した電気を家庭で消費するよう契約+蓄電池を設置されている場合は、通常のように電気を使用することができるそうです。

蓄電池をつけた家

ただ、蓄電池って滅茶苦茶高いので、それ程一般的には普及していない様子。
いっぱい蓄電できなくてもいいから、もっと廉価な小型タイプを開発してくれたらいいのになぁ。

参考にしたサイト↓

停電・災害ガイド|ぐっと ずっと。WEB|中国電力

停電時に太陽光発電はどの位使えるの?- どこまでできる?太陽光発電- 太陽光発電の省エネドットコム

*1:自立運転コンセントという停電時にだけ使用できるコンセントを設置している場合のみ電気を使うことができるそうです。

*2:お天気によってはそれ以下の発電量になる場合もあるので、ご注意ください。