ちょっと曲がった家

家づくりとその後の庭づくりや日常生活の記録

手芸は得意じゃないけれど

ご近所さんから「幼稚園のバザーに出す手作り品で悩んでて…」と相談されました。
ご近所さん曰く、今までは裁縫が得意な身内に代わりに作ってもらっていたけど、今回は自分でやらないといけなくなり困っていたのだそう。
手芸や裁縫って、学校で習うのが終わると、自分で機会を作らない限り全くやらなくなるんですよね。

私の娘もその幼稚園に通ってたので、3年間毎年バザーのために手作り品を作る苦労は良く分かります(^^;

裁縫・手縫いのイメージイラスト

私が作った中で一番簡単だった箸袋*1を作ってはどうか?と提案したところ「作り方教えて~( ;∀;)」とお願いされてしまいました。
後から手書きの作り方と娘が低学年の時に使っていた箸袋を見本に渡してあげると、喜んでもらえました(*'ω'*)

私は必要に迫らて仕方なく手作り*2してきましたが、決して得意でもなく人に教えてあげられるような腕前ではありません(;^ω^)
家庭科の成績だって3か4だったし。。。

今でも裁縫は下手くそだけど、下手だからこそ裁縫が苦手な人が作りやすい作り方が分かりますww
まぁ、こんな私の手芸でも誰かの役に立てられるんだったらいいかなぁ~

*1:よそはあるかどうか分からないのですが、香川県の公立小学校ではお箸を入れる箸袋が必需品です。コップ入れの巾着は市販であるんですが、箸袋はなかなか売ってなくてバザーに出品すると好評なのです^^

*2:幼稚園で使うサイズ指定の手提げ・お弁当袋・ランチョンマットを皮切りに、小学校の手提げや上履き入れも作りました。人間必死になれば、大抵のものは作れるもんですね。。。