ちょっと曲がった家

香川県で設計事務所と「ちょっと曲がった家」を建てました。。。(2014-2015)

読み物:この夏はまった長編ファンタジー

7月~9月にかけて、どっぷりはまったシリーズを紹介します。
マイケル・スコット作アルケミストシリーズ全6巻!でっす( ̄▽ ̄)
全部タイトルが異なるのですが、とりあえず第1巻だけ。。。

錬金術師ニコラ・フラメル マイケル・スコット

錬金術ニコラ・フラメル』マイケル・スコット著
タイトルにある錬金術師二コラ(『アブラハムの書』を手に入れて不死身になり600年以上生きてる)が物語の主役なのかと思いきや、主役は二コラが経営している古本屋のバイト青年ジョシュと双子の姉ソフィーでした。
のっけから二コラの宿敵ジョン・ディーと怪物の襲撃を受け、大ピンチをくぐりぬけてから逃亡生活~と息つく間もない程のスピーディーな展開にページをめくる指を止められません(^^;

このシリーズには神話や伝説に登場する神様や英雄、歴史上の有名人などが多数登場します。
歴史に詳しい人なら更に楽しめると思いますが、あまり詳しくない私でも知ってるジャンヌ・ダルク宮本武蔵、ビリー・ザキッドなんかも出てくるので大丈夫ですよ^^
ジャンヌ・ダルクは火あぶりにならず不死身となって、サン・ジェルマン伯爵(現代の職業はロックスター)とラブラブな新婚生活を送ってた…なんてビックリするような登場の仕方をしますがそれも含めて全ての登場人物が生き生きと魅力的に描かれてます。
さすがに終盤は壮大な物語をまとめた為、強引に畳みかける感じが否めませんが、随所でそれぞれキャラクターが活躍する様子にワクワクしっぱなしでした。
全て読み終えて、もうソフィーたちと物語を旅することは出来ないんだな…と思うと、寂しい気持ちになりました。。。

Amazon.co.jp: マイケル・スコット:作品一覧、著者略歴

主役の二人以外は全て実在した人物や神話・伝説に登場しているキャラクターであると知って、読み終えてから主要なキャラクターを検索してみました。
肖像画が残ってる人物は、自分が想像してたイメージと比べてみたりできて面白かったです(*'ω'*)
個人的に気に入ったのが、ニコロ・マキャベリとビリー・ザキッドの悪役コンビ♪
クールなマキャベリとお調子者っぽいビリーの軽妙な掛け合いが、緊迫したシーンを和ませてくれました^^