ちょっと曲がった家

香川県で設計事務所と「ちょっと曲がった家」を建てました。。。(2014-2015)

変形地に建てること

いつも覗いている家づくりの掲示板で、購入する土地を気に入った変形地にすべきか、ハウスメーカーが勧める条件がやや悪い整形地にすべきか悩んでいる記事があったので、変形地に建てるという事について書いてみます。

ハウスメーカーの言い分

メーカーの都合からすると、一番良いのは設計施工が簡単な整形地、形が崩れるにしたがって悪い…と言いがちですが、本当にそうでしょうか?

ハウスメーカーは「変形地は設計しづらく、コストが割高になる」と言いますが、これって間取りを四角い積み木みたいに考えてるからじゃないの?と思うのです。

扇形の敷地に四角の間取り 扇形の敷地に四角を二つくっつけた間取り

上の二つは、我が家が実際にハウスメーカーから提案されたプランです。
敷地のロスも大きいし、前が開けてる土地の良さが全然生かされていないように感じました。
まぁ、それ以外でも標準仕様の窮屈さが嫌で諦めたトコロが大きいのですが(^^;

我が家の採用したプラン

扇形の敷地に四角を重ねて置いた間取り

たまたまこういう設計が得意だった設計士(Kさん)に出会って、この家を建てることができました。
こういう形は在来工法だから可能だったわけで、おそらくツーバイフォーなどのパネル工法では出来ないんじゃないかと思います。

100点満点かと言われると、まぁ数々の失敗もしてるので正直満点ではありませんが、それでもこの家の形は私たち家族にピッタリで気に入っています^^

変形地のメリット

 整形地に比べて坪単価が安い、これに尽きますww
 個性的な土地と考えると、家づくりが楽しくなる(かも)

変形地のデメリット

 設計が難しい(変形の程度による)
 (設計技術の無い)ハウスメーカーが嫌う(;^ω^)
 家(土地)を売る場合に売れにくい。

変形地でも良し悪しが…

一口に変形地といっても、整形に近いような形から鋭角の三角地まで様々だと思いますが、これだけは避けた方が良いと思うのが「凹んだ形の土地」です。
100坪を超えるような大きな土地ならあまり関係ないですが、家の形自体に影響するような凹みがある土地は、やはり建てづらく住みづらいと思います。

プロでもない、まだ(?)1軒しか家を建てたことのない私が言うのもアレなんですが…
良い変形地は本当にお買い得です!
オリジナリティのある家を建てたいなら、変形地を積極的に検討されることをお勧めします。