ちょっと曲がった家

香川県で設計事務所と「ちょっと曲がった家」を建てました。。。(2014-2015)

庭づくり本:宿根草ガイドブック

ガーデニング初心者の私は、今までホームセンターや園芸店の店先で目に留まった草花を買ってきて植える…という事を繰り返しておりました(^^;
色々失敗をして、段々庭づくりで大切な事が分かってきました。
あんなに色々本読んでるのに、やっと基本マスターですよww

 ①植物の性質に合う場所に植える。(日あたり、土の湿り具合etc)
 ②土づくりをしっかりすれば、植物も長生きする。
 ③花だけじゃなく、葉っぱ類も使い分けるとランクアップ。
 ④一年草多年草(宿根草)を使い分けるとランクアップ。

庭いじり半年にして、ようやく次のステージ『宿根草』にたどり着きましたww

宿根草ガイドブック

『日照条件でわかる宿根草ガイドブック』小黒晃著
この本には、上記が全て網羅されてます。
初心者には「半日陰」と言っても具体的にどの辺りかなんて分かりませんが、イラストで「こういう場所、あなたの家にもあるでしょ?」と丁寧に説明してくれるので理解しやすいです。
日照条件も「日なた/乾いた日なた/半日陰/落葉樹の下の半日陰/明るい日陰/日陰」と細かく分類されていて、それぞれに植えられる植物がカタログ形式で載っています。
更に、月別の庭仕事カレンダーがあり今月やるべき作業が分かるのも初心者には有り難かったです^^

NHK趣味の園芸 日照条件でわかる 宿根草ガイドブック | NHK出版

この本で勉強して、秋に植える植物をきちんと計画しておこうと思いますφ(.. )