読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと曲がった家

香川県で建築家と「ちょっと曲がった家」を建てました。。。(2014-2015)

照明は掃除しやすさも考慮せよ

家の失敗や成功 家具・家電など

早いもので、新居に住んで半年が経過しました。
一応そこそこキレイな状態をキープしてますが、やはり埃は着実に降り積もっているようで…(^^;

下から見上げたペンダントライト

居間のペンダントは、いつも外側しかハタキかけてないな…と何気なく覗いたら、、、

ペンダントライトの内部ギャー!

見えますか?
下の電球隠しのカバーにうっすら積もっている一面の埃(>_<)
掃除機で吸う?不織布で拭く?どっちがいいでしょう(汗)

しかも、この電球隠しカバーは取り外し不可なので、照明をまるごと天井から外して掃除するしかありません(TT)

ライトの取り付け部品

さらに、固定金具は引っ掛けタイプじゃなくてネジで天井にガッチリ固定されてるので、簡単には取り外しできないんですよ。。。
うちにある脚立では、手が届かないので私には無理でした。
夫よ、頼む…

 

居間のペンダントライトは、見た目で選んだダイコー(LZP-9119YW)です。

ダイコー和風ペンダント

下から電球が直接見えないようカバーをつけたデザインなのですが、カバー自体に埃が積もるのを見落としていました。
私のような、デザイン重視ではなく掃除の手間を省きたい人は、従来の筒タイプのシェードの方が良いと思います。
照明メーカーも、見た目だけじゃなく「掃除しやすさ」も考慮してデザインしてくれないかなぁ。。。

 

よく北欧デザインの照明で、松ぼっくりみたいにビラビラしたシェードとか、折り紙細工みたいな複雑な形状のペンダントライトがありますが、掃除の度に1枚1枚拭くんだとしたら発狂するかも(^^;
ヨーロッパは日本と違って、埃つかないんでしょうかね?
それともいちいち気にしないのかなぁ???