ちょっと曲がった家

妻主体で始めた建築家との家づくり(2015年完成)と、その後の庭づくりや日常生活を記録したブログです。

クローバーのパネルが可愛い、タカラ ミーナのお風呂

我が家のお風呂は、タカラスタンダード ミーナのユニットバスを採用しました(*'ω'*)

タカラスタンダード ミーナのユニットバス

タカラユニットバスミーナクローバー柄

↑はシミュレーション画像です。

タカラスタンダードシステムバス ミーナ 1616サイズ
オプションで、アクリル人大の保温浴槽・タフロア*1を選んでいます。

お風呂の仕様については、こちらでご確認いただけます↓

toniho.hatenablog.jp

実際のお風呂は…

ほぼ上のシミュレーション画像通りですが(^^;

タカラユニットバスホーローパネルクローバー

昭和風の可愛さが気に入っているクローバー柄パネル(こちも現在は廃盤になっています)
一応、お風呂用品の色はパネルに合わせてグリーンとピンクで統一しようと企み中…

タカラユニットバスホーローパネル

反対側はこんな感じ。

タカラは壁の全パネルがホーロー製なので、どこでもマグネットで吊るすことができるのが気に入ってます^^

ダイソー手桶カエル

ちなみに、黄緑色の手桶はダイソーのかえるちゃんww

タカラのお風呂を採用した感想

やはりコストとお手入れのしやすさから見ても、ユニットバスにして良かったと思ってます。

磁器タイルを使っているタフロアは、やはり冬は冷たいですね(^^;

それでも、お湯をかけてお風呂場全体が暖まれば気にならないので、コレで良かったと思ってます^^

ただ予想外だったのは、タフロアの目地のカビと黒ずみ(;^ω^)

タフロアは汚れが目立たないせいか、床掃除をサボったら見事に目地に黒いシミが点々とついてしまいました(TT)

磁器タイル自体は汚れに強いけど、目地は汚れが付きやすいんですね(>_<)

タカラのユニットバスの床の問題については別記事でご覧いただけます↓

タカラのお風呂の意外な弱点・タフロアのカビ退治

リンレイの洗剤を比べてみた

お風呂の失敗

それは浴槽のサイズ。
1616サイズの浴槽は、156cmの身長には長すぎでした(>_<)
浴槽の壁に背中を付けて足を延ばして座ると、つま先からプカ~ッと浮いてひっくり返りそうになるのです(汗)
脂肪が多いから浮力が強いんでしょうかね?
浮かないようにするには足を突っ張るしかないので、ほぼ寝湯のような体勢でお湯に浸かっています(^^;

我が家には、今より20cm短い浴槽がベストだったなぁ。。。
お湯だって節約できるし…

体験入浴できれば違ったかも?

ショールームではスタッフの目を気にして、展示してる浴槽に入ってみても体育座りしてたのですが、本当は普段お風呂に浸かるみたいにダラ~っとするのが良かったんですよね。

でも、姿勢だけ普段みたいにしてもお湯の浮力までは分からないので、やっぱり体験入浴できるショールームがあれば良かったのになぁ…と今更ながら思います。

あとがき

いろいろとタカラのお風呂の文句を書きましたが、結果的にはとても満足しています^^

タフロアの冷たさだって、極寒だった社宅のお風呂(築40年の総タイル張り)に比べれば全然苦になりませんww

コスト面・清掃性・耐久性を考えると、ホーローパネルの壁と磁器タイルの床、アクリル人工大理石の保温浴槽を選んで正解だったと思っています。<2019年9月>

toniho.hatenablog.jp

*1:2015年当時はミーナにも、アクリル人造大理石浴槽と磁器タイルの床を選ぶことができましたが、現在は浴槽・床ともにFRPのみ対応になっています。