ちょっと曲がった家

家づくりとその後の庭づくりや日常生活の記録

造作キッチン背面収納の仕様

昨日の定例会でキッチンの背面収納も仕様が確定しました。

あれほどイケア製品でプランをひねり出したにも拘わらず、収納部分を含め全て大工仕事による造作となりました。。。

理由は、工務店から「イケアの部材代のお金があれば、全部作れるよ!」と言われたから(;^ω^)

造作のキッチン背面収納

我が家のキッチン背面収納は、私がエクセルで描いた下の図面が元になっています。。。
お気に入りの気泡入りガラスを入れた吊戸棚と幅3mのカウンター、その下にはゴミ箱置き場や食器を入れる引出しと可動棚、コンセントの位置に至るまで使い方を想像して仕様を決めました(*'ω'*)

キッチン背面収納造作イメージ

右端の80cm幅のスペースも引出しにするつもりだったのですが、作る段階になって80cmは引出しの底板が持たないかもしれないと言われ、見直した結果大工さんの手間が減らせるオープンの可動棚(扉なし)に変更することにしました。

可動棚(オープン)にするとその中に入れる収納用品を購入といけない訳で…(^^;
考えた挙句、引出しをやめる代わりに勝手口脇に置く棚を作ってもらう事にしました。

勝手口の造作収納と掲示

勝手口の造作収納はこんなイメージです。

棚部分を無印のスタッキングシェルフから、大工さんの造作棚に変更*1しました。
無印のスタッキングシェルフ、単純な作りなのに結構なお値段なのです(>_<)

キッチン造作収納と掲示板パネル

スタッキングシェルフ購入費用の3万円近い金額が浮かせられたので、この交渉は良かったんじゃないかと思ってます。

出来上がった掲示板コーナーはこちら

完成した背面収納はこちら

toniho.hatenablog.jp

*1:簡単な田の字形の棚なら片手間でチョイチョイっと作ってもらえるはずという確信もあったので、幅と高さだけ指定してお任せでお願いしました^^