ちょっと曲がった家

家づくりとその後の庭づくりや日常生活の記録

お風呂の給湯は足し湯式

昨日午後、Kさんから電話がありました。
ガス屋さんが来て、給湯器の仕様を確認したかったようです。

タカラユニットバスミーナ

我が家が選んだお風呂はタカラスタンダードのミーナです。

お風呂の給湯方法は2種類

お風呂の給湯方法は、お湯張りから保温まで全てお任せの自動給湯タイプと、保温機能はなく蛇口から熱いお湯を入れる足し湯式の2種類があります。
我が家は自動給湯にはせず、浴槽用の蛇口からお湯を足すタイプにしました。

あえて足し湯式

なぜ便利な自動給湯にしなかったのかというと、今の社宅の風呂釜掃除で苦労しているからなのです。
40年前から使われている風呂釜は、汚れが溜まりやすい自然循環式で掃除してもちょっと気を抜くと、ヘドロのような汚れがすぐに出てきます(>_<)

外出して夜遅くに帰った時、すぐにお風呂に入れたらとっても便利なんですけど、30分も待てば*1お湯も溜まるし…と考えて、清潔に保ちやすい(気がする)蛇口から給湯するタイプにしました。
この選択が良いのか悪いのかは、住んでからのお楽しみ(?)ですww

足し湯式を採用した感想

使い始めるまで、追い炊き式=自動給湯タイプととらえていましたが、給湯機自体に一定量でお湯を止める機能があるので、自動給湯のスイッチを押すのが風呂場で蛇口をひねる動作に代わった程度しか差は感じません。
エコジョーズの性能は凄いですね!(^^)!

あえて不満を言うなら、冬場の足し湯用に熱湯が出れば(給湯機の設定で最高でも60℃のお湯しか出せない)…という季節限定の不満はありますが、風呂釜掃除から解放された喜びは何物にも代えがたいですww

ユニットバスの仕様については、こちら↓

toniho.hatenablog.jp

*1:呑気に「30分も待てば…」なんて書いてますが、実際には15分もあれば十分溜められます。