ちょっと曲がった家

香川県で建築家と「ちょっと曲がった家」を建てました。。。(2014-2015)

焦る夢・ニューバージョン

何か心に引っかかる事があると、度々『焦る夢』を見ます。。。
「他人の夢の話程つまらないものは無い」ので、つまらない話に付き合える方だけお読みください(^^;

 

定番の焦る夢

・たぶん中学の教室が舞台。前日にクラス替え(もしくは席替え)があったのに、新しい席を思い出せず、自分の席が見つからず焦る。。。

・舞台は同じ。テスト中で必死に解こうとしているが、問題文が読めない言語になっていて焦る。。。

40才を過ぎても未だに中学校が舞台の夢を見るのは、何か理由があるのでしょうか?
きっと精神の成長がその辺りで止まっているからじゃないかと思います(^^;

 

今朝見たニューバージョン

・舞台は独身時代に勤めていた会社。納期が迫る銘板の図面を出力したいのに、なぜか見つからず、立ち上がるのはDOS版の英語表記のCAD。日本語版AutoCADを開きたいのに開けずイライラする。必死になって思い出した「EXIT」を入力してなんとかDOS版CADを終了させたら、夢も終了。。。

舞台が旧職場で、やたらリアルな画面が印象に残りました(^^;
昨日今日で何か懸念するような事はなかったと思うんですが…何か重大な事を忘れていたらどうしよう?と逆に心配になりました(汗)

 

夫は夢を見ない(あるいは覚えていない)程深く眠るタイプなので、夢の話は全く共有できませんでしたww