ちょっと曲がった家

妻(ブログ書いてる私)が主体になって、建築家と二人三脚で頑張った家づくり(2015年完成)と、新居での庭づくりや日常生活を記録したブログです。

庭づくり本:ガーデニングの入門書

最近読んだガーデニング本で、初心者の私に丁度良かったものを紹介します。

http://ecx.images-amazon.com/images/I/A10xIBFU9uL.jpg

今日からはじめる小さな庭づくり 廣済堂出版

いきなり庭づくりを始めるといっても、どこから手をつけたらいいのかサッパリわからない…という人にピッタリ!

素敵な庭の写真もいっぱい載ってますが、掲載されている庭や花壇で使われている植物についての丁寧な解説が付いていて、とても参考になります^^

寄せ植えの作り方についても、用途や目的に応じた植物の選び方などが丁寧に説明されていて、教科書みたいで分かりやすかったです。

今日からはじめる小さな庭づくり|株式会社廣済堂出版 kosaido publishing

 

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51RlT1xtt7L.jpg

ガーデニングはじめの一歩 柳生真吾

ガーデニングの実用書ではなく、心得を説いた本です。
植物や庭との付き合い方、初心者でもこういう風にすればそこそこ上手くいくよ~という方法を分かりやすい言葉を選んで、丁寧に説明されています。

生前の柳生さんについてはEテレでたまに見かけた程度で、ガーデナーとしての活動は知らないのですが、この本を読む限りではガーデニングを愛好家以外にも広げたいという情熱をもって活動されてたんじゃないかなと思いました。
急逝されたのが本当に残念です。。。

柳生真吾のガーデニングはじめの一歩|柳生 真吾|本|Amazon

あとがき

一口にガーデニング本といっても、エクステリア業者が施工例を紹介しているカタログみたいな本や、ガーデナー(庭師)が個人で出版した植物の紹介やコーディネートを中心にした本、素人の庭ブログをただ切り張りしたようなブログ紹介本など様々なジャンルがあります(^^;

最初は分からず、図書館の園芸関係のコーナーで表紙が気に入ったものを選んでいましたが、どうやら私が好きなのは植物好きなガーデナーが書いた庭づくり本だということに気が付きました。。。

私が読んだ中で、初心者向けでオススメの本を紹介しますね^^

初めて庭を持った人に読んでもらいたい本です。
私を含めて新築フィーバーもあり、つい「せっかく庭を作ったんだし!」と気合が入りがちですが、初めこそ冷静に庭と向き合うのが大切と教えてくれています。

toniho.hatenablog.jp

私が好きなガーデナーのひとり宇田川さんの本です。
ツルバラをロマンチックに使った可愛らしいナチュラルな庭が好きな方におすすめ♪

toniho.hatenablog.jp

そろそろ宿根草を庭に取り入れたくなったら、読んでほしい図鑑。

toniho.hatenablog.jp